News

お知らせ

2021年9月26日 投稿:ueda

ホモ・サピエンスが日本列島へたどり着いた時期と人類誕生の昔話

円頭方足(えんとうほうそく)
→ 人間のこと。

普段あまり意識しすることなどないが、私は日本人として生まれて日本人として生活している。

この偶然中の偶然に対して、人類の起源について、一度まとめてみようと思う。

そもそも人類はどのように登場したのか、そこからのスタートだ。

とてもわかりやすかった参考にさせてもらった記事はこちらである。

私たちはどこから来たのか? 3万年前の航海再現で探る日本人の起源

(出典:IBM)

人類の誕生

人類が誕生してからの歴史は700万年で、初期の猿人、猿人、原人、旧人、新人と進化してきた。

かつては、アフリカで誕生した猿人が原人に進化し、各地に広がって多様化して集団となり、その地域の人々の祖先となったという多地域進化説が主流だった。

そのため、東アジア人の祖先は北京原人、オーストラリアのアボリジニの祖先はジャワ原人、ヨーロッパ人の祖先はネアンデルタール人といった具合に、地域的に広がったあとにそれぞれ進化していったと信じられていた。

これに対して、現在はアフリカ起源説が正しいことが判明している。

アフリカで誕生した原人は世界各地に広がって、その一部は旧人に進化したが、その後、絶滅した。

代わりに生き残ったのは、アフリカに留まっていた旧人集団から進化した新人のホモ・サピエンスで、彼らが現在の人間になったという考えだ。

つまり、現代の世界の人々は、このアフリカで生まれたホモ・サピエンスの子孫ということになる。

ホモ・サピエンスが日本列島へたどり着いた時期

では、ホモ・サピエンスはアフリカ大陸から、どのように日本列島へたどり着いたのか。

日本には、縄文時代より前の旧石器時代の遺跡が、驚くことに1万カ所以上も存在する。

これだけ遺跡があるということは、当時ここにそれなりの人口がいて、活発に活動していたことを表している。

そして、これらの遺跡の年代は3万8千年前以降に集中している。

2000年に旧石器ねつ造事件(国内の数十万年前の地層から石器を次々と発掘していた考古学愛好家の発見が、ねつ造だったと発覚した事件)というのがあった。

ねつ造の発覚前は、この愛好家の発見によって日本の人類史の始まりがどんどん古くなっていくということで、研究者もメディアも踊らされていたわけだ。

ねつ造が発覚したことで、これ以前の日本に人類がいたかどうかは白紙となった。

一方でアフリカ起源説が出てきたことによって、この頃、ホモ・サピエンスがアフリカから世界へ大拡散していたということがわかってきた。

この2つを結びつけると、3万8千年前のラインを越えたら突然、爆発的に遺跡が増える現象は、ホモ・サピエンスがついに日本へ到来したサインということになる。

つまり、日本列島における私たちの歴史は、3万8千年前に始まったと言える。

人類誕生の昔話

ホモ・サピエンスが日本列島へたどり着いた時期といった科学的な人類の誕生の対比をしてみよう。

この話はそんなに有名な昔話ではないが、なぜが記憶に残っている。

 

むかしむかし、世界にまだ人間がいなかった頃、火の神様が土をこねて人の形の様な物を作った。

火の神様は形はできたので、明日の朝には命を吹き込んでやろうとその日は眠りについた。

翌朝になって見てみると、せっかく作った土の人形が壊されていたのである。

なぜ壊れたのか火の神様は疑問に思いつつも、新たに土の人形を作った。

ところが、翌朝になると必ず壊されているのだ。

一体、こんな悪さをするのは誰かと怒った火の神様は犯人探しを始めた。

それから、六体の土の人形を作って寝ないで人形の見張りをしていた。

 

すると、夜中に地面が割れて、地面から出てきたのは土の神様だった。

その土の神様は、土の人形を壊し始めた。

それを見た火の神様は土の神様に文句を言った。

土の神よ、なぜ私が作った人形を壊してしまうのかと問うた。

土の神様は、そなたこそ、なぜ勝手に土を使うのだ。

人形を作りたいのであれば、自分の火で作ればいいではないかと言うのだ。

確かに土の神様の言うとおりなのだが、火では人形を作ることはできない。

そこで、火の神様は今まで勝手に土を使ったことを謝罪し、土の神様に土を使わせてもらうようにお願いをした。

土の神様も火の神様の言い分に納得をして、約束事を決めた。

 

それは、土の神が火の神に土を50年貸すが、50年経ったら返してもらうというものだ。

こうして、土から作られた人間の寿命は50年と決まった。

それからというもの、火の神様は土の人形をたくさん作った。

朝に作った人形は、太陽にたくさんさらされるので、黒色の人形。

昼に作った人形は、太陽にほどよくさらされるので、黄色の人形。

夕方に作った人形は、太陽をあまり浴びていないので、白色の人形。

 

このように人形を作る時間帯によって、様々な色の人形ができた。

そのまま人間に反映されて、黒い肌の人、黄色い肌の歩人、白い肌の人もいるようになった。

さらに、約束した当初は人間の寿命は50年とされていたのだが、現在の人間の寿命はどんどん伸びている。

その理由は、火の神様が作った人間の数があまりにも多くなっため、土の神様が人間を土に返す作業が追いつかないからだそうだ。

まとめ

科学的根拠のある人類の誕生と全く根拠のないというか、昔話として語り継がれている人類の誕生。

両極端ではあるが、どちらも場面によって使い分けることができる。

これもまた人類であることの特権なのかもしれない。

 

【Twitterのfollowお願いします】

植田 振一郎 Twitter

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。