News

お知らせ

2023年11月25日 投稿:がっちゃん

IT導入補助金 新情報!

こんにちは!がっちゃんです。
前回のブログでは、弊社でのIT導入補助金の申請の流れを投稿予定でしたが、新しい情報が入ったため、そちらを優先してお伝えします。

来年度のIT導入補助金について

なんと、来る2024年度もIT導入補助金の継続が見込まれています!
11月中旬に、来年度の補正予算案が閣議決定され、経済産業省から関連資料が公開されました。
引用元:令和5年度補正予算案の事業概要(PR資料)

現時点では予算案であり、確定ではないため詳細は変更される可能性があります。
正式な国会での成立は11月末から12月初旬ごろと見込まれています。

2024年度のIT導入補助金については、補助率や細かい条件にいくつか変更があるものの、大枠は継続される見通しです。
弊社ではこれらの変更に柔軟に対応し、引き続き申請サポートの実施を予定しております!
現時点で公開されている情報の要点を以下へピックアップしました。

▼ 通常枠

  • 補助額:5万円〜450万円(ツールの業務領域により異なる)
  • 補助率:1/2(今期と同様)

▼ インボイス枠

  • インボイス対応類型対象ツール:会計・受発注・決済ソフト
  • 小規模事業者の補助率:3/4から4/5にアップ
  • 中小企業の補助率:3/4(今期と同様)

▼ 電子取引類型

「電子取引」がどういうものとして定義しているのかが不明なため、具体的な定義や詳細が確定した際には、追加情報をお知らせいたします。

  • 補助額:最大350万円
  • 補助率:中小企業2/3、大企業1/2


引用元:令和5年度補正予算案の事業概要(PR資料)

 

今年度と来年度の違い

今年度では、弊社でも交付申請いたしました「デジタル化基盤導入類型」が来年度には廃止となり、「ECサイト制作」が対象外になるとのことです。
(もうひとつ登録しておりますITツール「HomeHub+」については来年度も対象になります。)

そのため、情報公開後に提供できるITツールを整備していきます。
現在ECサイトの導入をご検討されている方は2024年度内の申請をおすすめします。
→ 最終公募締切:17次 2024/1/29(2023/11/25現在)

具体的には、以下の条件に当てはまる方は弊社にご連絡いただけますと、解決への道が拓けることかと思います!

  • 現在の販売サイト(楽天やAmazonなど)での手数料を削減したい方
  • 自社サイトでの販売経路をご検討の方

あともう1点、気になる点としては「インボイス枠」の対象がどういった内容になるか、という点です。
10月から始まったインボイス制度を導入するきっかけになるような補助金制度として、名称を変更したのでしょうか。
そういった見解で制定したと仮定すると、ECサイトも可能性がありますね。
どちらにせよ確定した情報でないと申請内容を決定することができないので、情報公開が待ち遠しいです。
紹介した内容以外にも、変更点があるのでその他の点については資料をご確認ください。

まとめ

以上、現在公開されております来年度のIT導入補助金の情報をまとめました。
今年度のECサイト制作が対象となっていた制度枠が、来年度のIT導入補助金では廃止となることが決定いたしました。
弊社にて登録済みのもうひとつのITツール(HomeHub+)については引き続き対象となります。
公開されております情報が少ないため、記載できることが少しになってしまいました。
今後情報が公開されましたら追ってブログに投稿いたしますので、チェックいただけますと幸いです!

ITの急速な成長に伴い、時代の変化も比例する中でIT導入補助金のような補助金を活用し、業務効率を挙げることができるよう、弊社では全力でサポートいたします!

次回のブログでは、弊社で行っているIT導入補助金の申請の流れと申請サポート内容についてをお話いたします。
引き続き、IT導入補助金の詳細や申請サポートに関するご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

問い合わせフォーム
https://stak.tech/contact

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。