News

お知らせ

2022年10月25日 投稿:tatsumi

ハロウィンイベントの告知とLP制作の流れ

こんにちは!

デザイナーの辰見です!

10月も中旬になってきましたね。私はこの間おばあちゃん家でさつまいもを掘ってきました!

毎年掘りに行っているので、「もうこんな季節か」と、時の流れを感じます。

最近はLPを作ることが多くなってきたので、そのことを書こうかと思います!が!

その前に、ちょっぴり告知します!笑

ハロウィンイベント開催!

今年の夏、「怖い部屋」というホラー映画鑑賞用のレンタルスペースを、マツダスタジアム近くでOPENしていたのですが、こちら大好評につき、原爆ドーム徒歩5分のところにお引越し!

「怖い部屋-閉ざされた扉-」として10月下旬にリニューアルオープンします!

でも、前と一緒じゃあ面白くない、、

この、「怖い部屋-閉ざされた扉-」で広島を盛り上げられないか?ということで、

“怖い部屋×ハロウィン”

をコンセプトに、一夜限りでのイベントが決定!(是非きてね!)

<概要>

日時:10月30日(日)

時間:17:00~18:00(第1部:Amazonギフト券ばら撒き+集合写真)
    19:00~21:00(第2部:フォトコンテスト)

入場料:無料

場所:新天地公園

このイベント、第1部、第2部で総額55万円を山分け、というとっても面白い企画もご用意しています!(第2部のフォコンテストは参加料がかかります)

今年のハロウィンは一味違ったものにしてみませんか?

詳細気になる方は、こちらのLPをみてみてください!

▼怖い部屋-閉ざされた扉-(ハロウィンイベント詳細)

https://pr.addcari.com/space/kowaiheya/honkawacho/halloween2022/

私はデザイナーとして、こちらのイベントのLPを制作しました!

前置き長くなりましたが、今回は私の「LP制作の流れ」を書いていこうかと思います。

LP制作の流れ

ざっとした順番です。

①スケジュール確認

②ヒアリング

③大まかなデザイン制作+確認

④細かいデザインを作成+企画者に確認

⑤上長に確認

⑥コーダーさんと連携して完成

①スケジュール確認

制作物を作るのにはどうしても時間がかかります。

物件のOPENや、イベントの開催日から逆算していつまでにLPのデザインを作る必要があるのか、を考えておかないといけません。

スケジュールを企画者とすり合わせし、「いつまでに何がいる」ということを決めていきます。(LPに必要な写真や、企画内容など)

 

②ヒアリング

その次にすることは、「ヒアリング」です。

デザインを考えるときに、企画者のイメージするもの、LPで伝えたいところを聞いてからのデザインでないと、二度手間になってしまい、時間をロスしてしまいます。

それだけでなく、企画者が伝えたいことをきちんとヒアリングできていないと、LPも何が伝えたいのかわからないものになってしまいます。

わかっていることは、あらかじめお渡しする「ヒアリングシート」の記入をお願いしています。

 

③大まかなデザイン制作+確認

ヒアリングをもとに大まかなデザインや構成を作成し、企画者に確認してイメージを擦り合わせます。

企画者が近くにいるので聞きやすい環境なので助かっています。

ここの確認を飛ばすと、せっかく作ったのに「なんか違う」と言われてしまうので、こまめに確認することはとても大事です。

 

④細かいデザインを作成+企画者に確認

大体のすり合わせができたら細かいデザインをします。

イラストを入れたり、装飾をつけたり、フォントカラーを変えてみたり、、

全体を見てみて、「ここにこれあったらいいんじゃないか?」とか、「この順番変えた方がいいのでは?」など、自分の意見も考えるようにしています。

 

⑤上長に確認

企画者からOKが出たら、最後に上長に確認します。

修正点があれば変更し、OKが出たらコーディングに回します。

 

⑥コーダーさんと連携して完成

コーダーさんと連携をとりながらデザインを形にしていきます!

最後に

LP制作は得意分野なのですが、まだまだ「ユーザーに伝えきれてないな」と反省することもあります。

なので、LP制作では「誰がみてもこのLPが伝えたいことがわかる」ようなものを作れるように努力していかないといけないなと思います。

もっともっと多くの数をこなして、そういったものを作れるよう、頑張ります!

【ハロウィンイベントもぜひ来てね!】

https://pr.addcari.com/space/kowaiheya/honkawacho/halloween2022/

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。