くしゃみをすると噂をされているという因果関係

2021-11-22 投稿: 植田 振一郎

街談巷説(がいだんこうせつ)
→ 街の噂話を、面白おかしく語ること。

人は本当に噂話が好きである。

特に悪い噂話はあっという間に広まるし、大体そこには背びれ尾びれがつくものだ。

それは今に始まったことではないので、今後も変わることはないだろう。

そして、くしゃみをすると誰かに噂されているといわれるが、なぜそうなったのだろうか。

くしゃみに対する考え方

結論からいうと、くしゃみと噂話にはなんの因果関係もない。

では、なぜくしゃみと噂話を紐付けようとするのかという問いに対する答えは、くしゃみを誰かのせいにするためだと考えられている。

そもそも、くしゃみというのは構えて出るものではなく、不意に出るものである。

ということもあって、古くから誰かのせいで出るものが、くしゃみだとされてきた。

そして、その誰かには、良い誰かと悪い誰かの2つの捉え方があった。

まず、良い誰かという考え方だが、その歴史は万葉集に遡る。

当時は、くしゃみのことを鼻ひといっていて、愛する人が自分のことを想っているから出てしまうものと考えられていた。

つまり、くしゃみを出させる良い誰かの正体は、実在する愛する人の想いという考え方だったものが、いつの間にか誰かの噂話に変わっていったとされる。

一方で、悪い誰かという考え方だが、こちらの方が主流というか良い誰かよりも重きが置かれているイメージだ。

というのも、歴史を振り返ると風邪で命を落とすことも多かった時代もある。

そのため、風邪の前兆であるくしゃみは、とても不吉なものだった。

もっというと、くしゃみをすると鼻から魂が抜けてしまって、もののけが入り込んできて死んでしまうと考えられていた。

それを象徴するかのように、日本三大随筆の1つである徒然草の中に、こんな一節がある。

くさめくさめと唱えないとくしゃみをした子供が死んでしまう

この意味は、くしゃみをした子どもはもののけに命を取られてしまわないように、くさめというおまじないをするというものだ。

くさめというおまじないをすることで、もののけを追い払おうとしていたという背景がある。

くさめという言葉の語源は諸説あれど、その1つが、くそ食めくそ喰らえというものだ。

要するに、くしゃみをしたときに近寄ってくるもののけや悪霊に汚い言葉を浴びせて追い払っていたということだ。

それから、くさめが室町時代の頃に、くしゃみという行為自体を表す言葉になったという。

実は沖縄地方では今でもこのおまじないの言葉を使っている。

古くから沖縄地方に伝わるくしゃみのあとのおまじないに、クスクェと唱えるというものがある。

このクスクェも、くそ喰らえという汚い言葉が語源だとされている。

くしゃみの回数に関することわざ

一誹り 二笑い 三惚れ 四風邪(いちそしり にわらい さんほれ しかぜ)

このことわざを聞いたことがあるだろうか。

くしゃみ1回なら誰かに悪口をいわれており、くしゃみ2回なら誰かに笑いのネタにされており、くしゃみ3回なら誰かに惚れられており、くしゃみ4回なら風邪を引いたに違いないというものだ。

このことわざには、一に褒められ、二に憎まれ、三に惚れられ、四に風邪引くといった具合に、微妙に異なる変形バージョンも多々ある。

また、地域によっては意味合いが異なる場合もあるとされている。

関東では、くしゃみの回数が1回で良い噂、2回で悪い噂、3回が恋の噂、4回以上が風邪ひきといわれる。

これが関西にいくと、くしゃみの回数が2回までは一緒で、3回目は笑われているという。

そして、九州の一部地域では、くしゃみの回数が1回だと良い噂、2回だと嫌われた噂、3回惚れられた噂、4回で風邪となるので、紹介したことわざに近くなる。

海外にもあるくしゃみに対する考え方

英語圏でくしゃみをすると、Bless you.といわれるという経験をしたことがある人もいるだろう。

このフレーズは、God bless you.が短縮された形のフレーズで、神のご加護がありますようにという意味だ。

くしゃみをした人に対して神のご加護を祈るのは、英語圏におけるくしゃみに対する迷信があるからだといわれている。

日本の迷信にも似ているが、英語圏では、くしゃみをすると魂が口から一緒に出ていってしまうと考えられていた。

伝承童謡のマザーグースに出てくるくしゃみが、実はペストを象徴しているという説もある。

そのため、くしゃみをした人の体をいたわって、(God) bless you. (神のご加護を)ということが習慣になったとされる。

それが、現代ではカジュアルにお大事にという意味で使われているため、Bless you.と表現される。

くしゃみをして Bless you!といわれた場合には、なんと返事をすればいいのか、日本では習慣がないので迷ってしまうかもしれない。

その場合には、シンプルに Thank you.やThanks.と返事をすればいい。

体をいたわってくれた相手に対して感謝の気持ちを表現するのがスマートだということだ。

まとめ

他にも、くしゃみには特性があって、いきなり眩しくなるとくしゃみが出るという人が一定層いる。

これは、光くしゃみ反射という身体の仕組みが影響している。

とはいえ、この仕組はすべての人に備わっているものではなく、一部の人がこの光くしゃみ反射を起こす遺伝子を持ってるといわれている。

この遺伝子を持っている人は、光を浴びると反射が起こって鼻がむずむずし、結果的にくしゃみをしてしまうというのである。

このように、くしゃみ1つでもいろいろなことを知っておくと、ちょっとしたコミュニケーションのきっかけになるかもしれない。

ということで、人間の身体の仕組みの1つである、くしゃみについて書いてみたので息抜き程度に読んでもらって、どこかでアウトプットできるときがあれば嬉しい限りである。

 

【Twitterのfollowお願いします】

植田 振一郎 Twitter

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。