一暴十寒(いちばくじっかん)

2021-04-20 投稿: 植田 振一郎

一日暖め、十日冷やす意から、怠けることを戒めた言葉。

楽な方に流れてしまうのが、人の性である。

戒めることが大切だとわかっていても、なかなか自分に厳しくできないのが現状である。

今日くらいいいか、明日から頑張ればいいや、そうやって堕落してしまう。

継続することの大切さを誰もがわかっているはずなのに、なかなかそれができない。

ここに関しては持論がある。

それは、1人でいる時間が長い人ほど自分に甘くなるということだ。

見張りがいれば、人はある程度、自制心を働かせて頑張る。

例えば、パーソナルトレーナーをつけるのが主流になっているが、ここもまさに同じ理由だ。

1人でジムに行って身体を鍛えるのもいいが、トレーナーになんやかんやといわれた方が刺激になるしサボれないから、結果にコミットしやすくなるというロジックだ。

個人が2人に、2人が4人に、4人が8人にと規模が大きくなればなるほど、責任が生じる。

そうすると自然とお互いを見張る環境が生まれるし、周りに迷惑をかけないように頑張ろうとする。

ただ、このロジックを完成させるには、ミッションがないといけない。

つまり、全員で目指す場所が必要だということだ。

 

大きな夢を持った起業家が、周りの人を巻き込んでいく。

それがスタートアップの形で、短期間で急成長したり、長い時間かけて芽が出たり、日の目を見ることなく散っていく。

ずっと赤字続きだったけれども、今や世界で知らない人はいないというほどの大企業に成長したAmazon。

この話はあまりにも有名だ。

それから、カリスマ経営者のイーロン・マスクがCEOを務めるテスラも今でこそ飛ぶ鳥を落とす勢いだが、資金難で危うかった危機を何度も乗り越えている。

バッテリーの電力だけでモーター駆動するEV、すなわち電気自動車が注目を集め、多くの企業がテスラに追随している。

そしてまた、1つの企業が話題になっている。

 

ベトナムのEVメーカーVinFastがIPO計画、評価額6.5兆円を想定か

ベトナムで急成長中のEV(電気自動車)メーカーのVinFastが、600億ドル(約6兆5,300億円)の評価額でIPOを検討しているという記事だ。

このVinFastは、1993年にファム・ニャット・ヴオン(Pham Nhat Vuong)が創業したベトナムの巨大コングロマリット、Vingroup(ヴィングループ)の子会社にあたる。

創業から28年経った今、子会社がこうして注目を浴びている。

VinFastの設立は2017年で2019年に最初のEV車を発表している。

大手企業の傘下にあることで成り立っているという意見もあるが、日本の大手企業が同じことができているだろうか。

VinFastの2020年の納車台数は2万9,485台に対して、トヨタは2020年に全世界で約952万8,000台という販売実績だ。

それにも関わらず、VinFastのIPOの評価額は600億ドル(約6兆5,300億円)という評価だ。

ちなみに、トヨタの27兆円の時価総額なので、どのくらい評価が高いか理解してもらえるだろう。

 

スタートアップの形には様々なものがある。

そのほとんどが、日の目を見ることがない。

創業から1年以内に30%がなくなり、3〜5年以内にさらに約50%がなくなるなどといわれる世界だ。

好きなことをやるだけでは形を残すことはできず、かといって継続できないものは残す意味がない。

いや、好きなものでなければ、そもそも継続できない。

怠けることがあってもいい。

サボりたくなるときがあってもいい。

でも、そんなときに周りに仲間がいれば、怠け続けることもサボり続けることもない。

stak社は遅咲きになることは間違いないが、咲かせてみせる。

 

【Twitterのfollowお願いします】

植田 振一郎 Twitter

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。