2. Visas and Australia ビザとオーストラリア

2020-12-17 投稿: Michael

今回のブログでは、二つの話題まで達せたらと思う。

それが、日本に住もうと思ったら、どういう手続きがあるのかと、どういうハードルがあるのか。

それから、オーストラリアにいることになった経緯の話をしようと思います。

こらがstak familyは、みんなに共有したら誰かのためになる情報に思ってる。日本だけではなくて、どんな国からだとしても、海外に住もう、外国人を雇おう、と考える人がこれからの世界では増えていくばっかりだと思われる。

For the 2nd entry in this series, there are two main things I’m going to talk about.

The first will be what exactly it takes to live in Japan, should you think to do so.

The other will be about how I ended up in Australia in the first place.

All of us at stak, after having gone through this process over such a long period with such challenging circumstances, thought this info would be not just interesting, but also probably helpful for a lot of people out there. Really it’s not about Japan, but related to anyone who might want to work abroad, or hire someone from abroad. And in the world we live in today, the number of those people seems like it will do nothing but continue to skyrocket.


観光と旅 • Sightseeing and Traveling


僕みたいに頭が変な人だったら、

海外で迷子になることは人生には、

何度かあるかもしれない。

ただの観光ではなく、本当に旅すること。出身を手放して、新しい環境からの新たな自分になる。それができたら、色々変わってくる。必要ではなかったものが自然と消えてゆく、そしてそれまだなかったことが成り立つ。残るはずがなかった、前より順調に思えることが残り、他のものは安定にそのまま。

僕にとってどれだけ大切な経験だったか伝えきれないかも。しかし、旅ということをすべきと思わない。自分がやるべきというなんとなくの気持ちに耳を澄ますべきと思う。

If you’re someone crazy like me you might try to get lost abroad a few times in your life.

I don’t just mean sightseeing, but really traveling. Letting go of your ‘home’ and becoming yourself in a new environment. When you manage that, things change. Unnecessary things fall away, and new things come together. Unexpected things remain, feeling more precious than before, and certain things stay constant.

I cannot recommend enough how important this was for me. But I wouldn’t recommend travel in particular, just recommend following your gut for what you should do.


ビザというモノ • The Thing Called a Visa


海外にいるのに、ビザが必須条件である。

観光ビザは当たり前に出してくれる国もあって、あらかじめ申し込めないと入国できない。

日本の場合は、3ヶ月間の期限として観光ビザを出している(滞在だけで、仕事が禁止)。1年に2回もらえる制限があるのだが、個人的には入国の時に聞かれたことがない。

日本で働くのであれば、ビザを手に入れないとならない。

ワーキングホリデー:ワーホリプログラムに参加してる国の国籍を持っていたら、それを申し込んで日本で1年間自由に滞在することが可能。最高の機会だと僕は思って、大体30歳までしかできないから、是非。

ビザを手に入れるのに、スポンサーが必要。(普通は会社)

現実的にいうと、日本に行く道が三つに限られてる。学生になる、英語の先生になる、IT会社に勤める。なぜなら、英語、英語、言語が無関係な業界だから。

To be abroad you need a VISA. Permission to be there.

There are lots of countries out there where tourist visas are not automatic things, and you need to apply beforehand.

Japan gives 3 month tourist visas (you may stay but may not work), and you can use two 3-month periods in a year (though I have never been asked by immigration about this, those are the rules).

To work in Japan you need a working Visa.

Working Holiday: If you’re from a country that participates in the working holiday agreement (not USA), you can do a working holiday in Japan which is a fantastic opportunity. This is what I did last year to try my hand at freelance videography and coffee barista work.

To get a Visa, you need a sponsor. (Usually a company)

Realistically, your paths to getting to Japan are limited to being a student there, teaching English, or if you’re good in your field it’s possible to get hired for an IT company. (If you’re not a student, you’ll likely need a college degree).

The reasons are respectively, English, English, and a linguistically unrestricted field.

If you are the other kind of people who are looking for work in Japan, who speak Japanese, but aren’t doing IT work, you’ll have to deal with what Stak and I did.


日本で外国人を雇う • Hiring a Foreigner in Japan


もちろん、他にブログなど説明が既にたくさんあるので、公式的な情報を求めているなら、普通にGoogleで検索したら色々出てくる。それと、外務省のサイトが、僕にとって割とちゃんとしてると思う。

お金の余裕があったら、ビザの先生という仕事をしてる人もいる。その仕事が、外国人を日本で雇う流れが上手く通るように仲介になってくれる。

Of course, if you’re after specific, official information, you can just google to find it. I’ve also found the ministry of foreign affairs website to be relatively good, if a little confusing to navigate.

There are also Visa Sensei’s, whose job it is to orchestrate this circus act of bringing a foreign worker to work in Japan. 

厚生労働省•Ministry of Health, Labour, and Welfare

外務省•Ministry of Foreign Affairs

だが、情報だけでどうすればいい、どんな流れになるのをわかるのが、全然違うこと。

However, understanding what you’ll actually have to do with all those applications and information, in normal thinking terms – we can help you there.


アドバイス:

  1. お金と時間を柔軟に使えることが必要。ビザ申請が最初から降りるまで、3〜6ヶ月間ぐらいかかる。私たちの場合では、4ヶ月半だった。状況によるけど、それが働けない時期になるかもしれない。
  2. 整理する必要がある。大切な書類をまとめて、キチンとオーガナイズをすること。何がどこにあるかわかって、全てをスキャンとコピーをする。ただ一つの例えだが、大学卒業証書の原本が必要、必要であれば再発行するのと、送るのも時間がかかる。早めに動くのが重要。
  3. 会社がどれだけ信頼してくれてるかわかる。なぜ日本に行く、いつまでいたいと思ってる、どうしてこの会社で働きたいという理由を全部、自分の中ではっきりと理解すべき。
  4. 会社側では、雇う外国人がどれだけ信頼してくれてるというのも尊重すべき。社長だけではなくて、スタフ全員が納得しないと大変なことになるかもしれない。海外に引っ越すのは簡単にやることでは全くないし、日本で働くことが楽勝に思う人が一人もいない。

Advice:

  1. You need to be able to be flexible. With time, with money, and with relocating. The Visa process can take 3-6 months. It took us about 4.5. Depending on your situation, you might not be able to work during this time.
  2. You need to be organized (not a bad thing to become). Have all your travel/essential documents together, copied, scanned, and clear in your mind. This means everything. This might include mailing your actual college diploma across the world.
  3. You need to respect the commitment the company is making. Know why you’re going to Japan, know how long you want to be there, know you really want to work for the company. It’s not an easy process to get you there.
  4. The company needs to respect you as well. They, all of their employees, need to try to understand the commitment you are making. It is not an easy task to move abroad, nor is it easy to work in Japan.

まずは、6ヶ月間ぐらいがかかると思っておいた方がいい。書類の全部を先にまとめておいた方が賢明。

書類と共に申請書を政府に送る。それに、なぜこの人を雇う必要がある、なぜこの会社に勤めたいと思ってくれているというのも、文章に書いて送る。そしたら、待つ。返ってきたら、直すところを直して、繰り返す。

僕の場合では、2015年に英語の先生の仕事ですることがあんまりなかった。実は、他の英会話やALT会社と同じく、観光ビザで入国させられて、就労ビザを待っている間で働き始めた。今回は、全て自分でやることになったので、色々書く必要があった。履歴書、雇用も学歴も。20科目の質問も文章で答えた。日本への思いを伝える長文を書いた。大学卒業証明書の原本を送った。パスポートなどそのような書類のコピーも全部送る必要があった。

最終的な目的としては、在留資格認定証明書(CoE) がある。要は、外国にある日本大使館に「この人にビザ出していいよ」って許可を与えるもの。政府との申請がいよいよ通れたら、会社に郵送される。そして、自分がいるところに送る必要があって、大使館に持って行くのが次。場所によるけど、1〜2週間を待ったら、ビザがパスポートに貼ってくれて、それを持って日本に入国できるようになる。入国の際に、ビザがあり次第、空港で在留カードが発行される。

これは、本当に人によって変わる過程だから、だれでも政府でもちゃんと手続きの流れを明らかにできず。

だけど、読んでくれてるなら是非コメントして頂けたら、できるだけ手伝います!

First of all, it will take up to 6 months. You have to have your company documents together, and your employee-to-be’s documents together.

You’ll submit their documents with an application form, written explanations as to why you need the employee, and why the employee wants to come to Japan. You’ll wait. You’ll get stuff back that likely need adjustments. Repeat.

When I came in 2015 to be an English teacher, I didn’t have to really think about it. Like a lot of ALTs and Eikaiwas, they actually had me enter on a tourist visa and start working while we waited on the official paperwork to go through and my working visa to come. Yeah… In our case with Stak, I had to submit a resume (according to their format) complete with educational and employment history. This was checked. I also had to submit a short essay about my thoughts on Japan (“I love Japan”). I had to send in my original diploma, as well as multiple copies of all my documents. I had to answer lots of different questions about my past and my time in Japan (reasonable considering the amount

The overall goal is the get the Certificate of Eligibility COE. This is essentially the green light to the embassy where you live that they can give you a Visa. It will be mailed to the company when the government finally produces it, and then they’ll have to mail it to you. You’ll bring it to the embassy, and wait another period for them to produce your actual VISA. With this, you can go to Japan and receive a residence card upon arrival at the airport during immigration.

Every person’s situation is different which is why this is so difficult for anyone, even government bodies, to explain properly. So, please feel free to comment and ask me -anything- and I will try to help.



マイケル、なぜオーストラリアにいたの? • Why Was I in Australia?



単にいうと、日本にいるのをもう諦めたところだった。

stak社がなかったら、僕は今日本にいることは絶対にならなかった。

2018年ん前半はアメリカにいて貯金してた。そして、後半にかけて全日本に生きながら、いろんなプロジェクトをやることにした。していたら、何かのきっかけが現れてくるのではないかと思った。が、結果はなにもなかった。雇って、ビザを出してくれるという会社が最後にあったのだが、ビザ申請ということも知らず、最後に「やっぱやめよう」ということになった。幸いに、自分で既にワーホリの申請を始めていたので、2019年はそれで滞在して、フリーランスを一生懸命やった。それでもビザにならなかったら、日本にいるべきじゃないかもと思った。その時期の終わりぐらいに、stak社を見つけた。というか、stak社に見つけられた。そして1年ちょっと後に、いよいよ一緒に働くために日本に戻れた。

To put it simply, I’d already given up on Japan.

If not for Stak, I wouldn’t be here now.

I spent 2018 saving up money in the USA, then spending 6 months traveling doing different projects in Japan hoping to find something. There were lots of promising things, but nothing worked out. One company I thought was going to hire me turned out to have 0 idea of the Visa process and bailed on me last minute. Luckily, I’d started the working holiday visa process, and spent 2019 in Japan doing that and diving into freelance. I figured if that didn’t work, it just wasn’t meant to be. Nearly at the end of my time in Japan, I found stak.. or rather, stak found me. And now more than a year later, I’m finally back in Japan, here to work for them.

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。