1. The Road Back 帰り道

2020-12-09 投稿: Michael

「申し訳ないですが、飛行機はもう、飛ばないのですよ。

しばらくは、オーストラリアに残れるような準備をしておいた方がいいと思います」

と、空港の列で立ち止まった僕が言われる。

“We’re really sorry, but all flights are cancelled at this moment. I think it would be best if you make arrangements to stay here in Australia for the foreseeable future.”

I stood there, stock still, in the line at Melbourne Airport.

本を読んでいるように不現実的なその瞬間に、横10メートルぐらいのところから、パソコンがタイル床に落とされた音が耳に入ってきた。目がついてきたら、パソコンではなくて、意識が亡くなった人だったとわかった。床にゆっくりと広がっている赤い液体もあった。

混乱そのものだった。

僕ともう一人が空港の病院かのようなところへ走り出して、助けて!とゆったが、反応は遅すぎて耐えられなかった。が、外国なので、みんな一人一人は助け出すことに救われた。数分っが経ったら、倒れた男の人が少し立ち上がって座って、冗談を言ってみんな安心で軽く笑った。

It was like something out of a book. Because right at that moment, about 30 feet to my side, there came a resounding crack as if someone dropped a laptop down on the hard tile floor. When I looked over however, I could see with disbelief it was not a computer, but a person who had lost consciousness. There was even some blood slowly expanding on the floor from his head.

It was the feeling of chaos.

Me and one other guy went running over to a little medical care center thinking they could help, and were sorely disappointed. However, everyone around there moved around trying to do their part to help, and eventually the guy even sat up and made a joke and everyone laughed in relief.

3月26日だった。

その1週間の間に、そのビザがやっと発行された1週間の間に、世界の国々がドミノのように、一つ一つ国境を封鎖していた。

その背景で、もう日本に行くのがギリギリ間に合えなかったと思った。が、日本はまだ入国禁止の発表をしていなかったので、もしすぐ行けたら入る可能性があると思った。

This was March 26th.

During that week, that one fateful week where my Visa finally came out, countries around the world were closing their borders like dominos.

Following that, I figured my chances were pretty much spent and by some unfortunate twists of fate I wouldn’t be making it back to Japan. However, they still hadn’t closed their borders yet, so maybe if I could find one of the last flights out of Australia, I could make it back to my life that waited for me over there.

飛行機をたくさん調べた結果は、4月7日より早い便だと80万円がかかって、死にたかった。死ぬほど高くない7日の飛行機にする決めた。入国禁止にならないように祈りを始めたら奇跡で3日に無料変更ができた。シドニーまで行く必要だったので、それまで泊まらせてくれたairbnbと離れるしかなかった。飛行機がまた乗れなかったら、さらに困難な状況に入るところだった。

結局、4月2日に、メルボルンからの電車に乗って、距離の半分の5時間ぐらいが経ったら、携帯でこのニュースを見つけた:

本日から、コロナの影響で、

日本国籍をお持ちでない方は入国禁止となります。

My search yielded me flights of about $8000 for any day sooner than April 7th. After choosing that day, and then beginning to pray I’d make it, some miracle occurred and on a whim I decided to check the site again. I could change my flight from the 7th to the 3rd for no additional charge. This also meant full commitment as I’d have to take the 10 hour trip to Sydney and leave my airbnb behind. If I couldn’t take this plane, I’d be in a truly scary situation.

About halfway along the 10 hour train ride, during some blip where I found phone service, I read this announcement online:

Commencing immediately, due to the Coronavirus pandemic,

Japan is closing its borders to all but those who possess Japanese citizenship.



 これからの10週間を渡って、これまでの道を英語と日本語でブログに記載する予定。「これ」というのが、いよいよ、stak社の支持のおかげで、出してくれた就労ビザで日本に入国できた。

長い話かもしれない。けど、面白い話題はいっぱいあるのと、大切な情報が山ほどあるから、それが誰かのためになる可能性があると思う。これが終わっても、次の予定もいっぱいあるから、楽しみにしよう!

やっと終わった。と同時に、やっと始まる。

とにかく。よろしく!

For the next 10 weeks, I’m going to do be doing a series in English and Japanese on the journey that got me here. And by here, I mean at last, at -last-, entering Japan on a work Visa, all thanks to the support of stak family.

It’s gonna be a bit long, but I think there’s countless interesting subjects to cover along with a lot of important information on Visas and such that might come in handy to someone. And I’ve got plenty of stuff planned for after this.

At any rate. This is the end, and for the blog, the start.

See you next week.

1. イントロ • Introduction ← 今週 This week

2. オーストラリア、ビザ、情報 • Australia, Visas, Info.

3. 遠隔でできる仕事 • Work You Can Do Remotely

4. アメリカ • America

5. 日本 • Japan

6. 遠隔でできない仕事 • Work You Can’t Do Remotely

7. 仲間 • 娯楽 • Friendship and Fun

8. 遠距離 • 心の距離 • Long Distance, Emotional Distance

9. 感謝の日 • 家族 • Thanksgiving and Family

10. 再新規入国 • Re-re-entry

言った混乱の最中に、地面にこのチラシを見かけたら、爆笑しました。

苦しみは、結末がある?

どう思いますか?

•そうです•そうではないです•多分

Saw this flyer on the ground when all that was happening and just burst out laughing.

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。