広島県のレンタルスペース事情

2022/07/30 投稿: あやな

広報・PR担当のあやなです。
現在、「addcari(アドカリ)」という、レンタルスペース検索サイトを2022年8月に広島県からプレリリースに向けて、スタッフ一丸となって毎日奮闘しています。
まず、 stak, Inc.の拠点でもある広島県のレンタルスペース事情についてお話していこうと思います。

広島県にレンタルスペースってあるの?

実は、あるんです!

東京では、「レンタルスペース」という言葉が、芸能人やインフルエンサーなどが利用している事により、Z世代と呼ばれる若者を始め知られてきたように思います。

それに、東京で運営されているレンタルスペースのオーナーさんの多くが、2021年頃から不動産会社の方も「レンタルスペース」という言葉で理解してもらえるようになったとおっしゃっていました。

ですが、取引先の方とお話する際に、市場調査も兼ねて「レンタルスペース」について知っているかどうか聞くようにしていますが、広島ではまだまだ知られていないのが事実です。

どうして知られていないのか

広島に住んでいて感じるのは、「東京で流行ったものが2,3年遅れで出店される」ということです。

例えば、数年前に流行ったタピオカや鶏排(ジーパイ)、そして、やっと最近出来たのがりんご飴なんです。

遅いでしょ?笑

だから、レンタルスペースもまだ広まっていないのか…と思ったんですが、それ以外にも原因がありました。

それは、、、

「そもそもレンタルスペースが少ない」

レンタルスペースが少ない理由

「広島 レンタルスペース」と探しても、東京・名古屋・大阪などに比べてお部屋が少ないです。
stak, Inc. が運営するレンタルスペースをオープンさせるべく、5月から本格的に物件探しを始動しましたが、
テナントを募集しているお部屋に直接連絡をしたりと、マンションの1室から、雑居ビルなどさまざまな物件を探していきました。
そこで、広島市内にレンタルスペースが理由がわかりました。
  • 「レンタルスペース」を知らない

そもそも、レンタルスペースが少ないため、これまでやったことのない事に対して、前向きに考えてくださるオーナーさんが少ないということです。

  • 「レンタルスペース」に対して良いイメージがない

「どこの誰か特定できない人が利用する」と言ったように、どういう用途で利用するのか。どういった方が利用するのか。など物件オーナーさんには、不安要素も多いようで、レンタルスペースに対してマイナスなイメージを持たれている方も多いです。

上記のような理由で、お断りされた物件が多く、中にはお話すら聞いてもらえない事も多くありました。。。

ですが、「レンタルスペース」についてお話をさせていただき理解をしていただいた物件オーナーさまも多くいらっしゃいました。

8月中には、約10件の物件の契約をすすめております。

その物件についても、改めてご報告させていただきます。

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。