What Makes A Website 2

As we’ve been working on our new website, it’s been a learning process in so many different areas.

Programming, marketing, design, photography, videography, writing, advertising, coordinating, being in charge of a team/project.. the list goes on.

Last time, I talked a lot about trends, what’s popular, what’s liked, and why it’s important to know, and why it’s not necessarily a bad thing to follow them.

This time, I’d like to talk about how different sites convey the process of —Buying Stuff—, that very important modern endeavor. As all other things, it is best not robbed of an artistic touch. In fact it’s the part of the website that conveys the most emotional connection between the consumer and designer, and thus, requires a delicate touch. So, let’s look at some examples, draw some conclusions on what’s happening, and form some opinions on what’s best.


Let’s take a big one first. Apple.

As is the standard, you’re hit with the latest products and a quick Learn More or Buy set of two options. As you scroll down there is an image to describe the product and a few words for what it is, and the page you’ll be brought to if you click it. This works in a way that it wouldn’t work for us because well, this is Apple.

  1. They have lots of different products
  2. They are already known
  3. The products they make are already understood
  4. A greater proportion of the visitors on their site are there to buy something

Onto the buy page. Let’s get an iPhone SE, since it’s the first thing advertised to us.

When you load in, you see the picture of the different colors on the left, and all the options and shop menus come sliding upwards on the right. We’re getting really nitty-gritty, but this little detail does a lot. It makes you feel like this is a modern website, one that is done professionally. Also, it brings the viewer on a short journey – the picture is the first thing they see, and the quick sliding up of the rest is the next thing the eye goes to. A lot more pleasant than having to decide for yourself where to look first, even though this seems like such a small, insignificant thing.

There is reliability in the simple, white minimalist style. In the simplicity of the options presented to you: Choose your finish (3 options). Choose your capacity (3 options). Choose your carrier (4 options, and a 5th for Sim-Free). It answers questions you’re likely to have “Will it be unlocked?” Then there is a simple Q&A for turning in the phone you already have. And then a payment option. Then the choice for applecare shows up. Offers for delivery or pick-up.

When you choose one option, it slides you down to the next one so you don’t have to take it all in at once.
This is actually a lot of different things to run through, but thanks to the simple style and smooth flow of the web design, it actually feels pretty simple. Also it feels unintrusive. Never does it ask you for anything, or ask you to sign up for anything, or give any details at all. This is something I feel is very important.

On the left there are assuring details: Fast, free, no-contact delivery. Free and Easy returns. Have questions? Contact an iPhone specialist.

The finishing screen will vary depending on what you choose, but you’ll likely be brought to a “Added to bag” page with the item you just selected and other things you might want to purchase laid out below.

Reviewing the bag brings up your total at the top, in big letters. Again, this is trustworthy somehow, to me. It’s not trying to hide any numbers or taxes or deals. Recommendations, other products, etc. are all listed below if you’re curious. And at the very bottom, a “Need more help? Chat now.” and a Questions About Buying FAQ expandable window. This is great.    

Anyways. Most important to me are these three things:

  1. A flow that is pleasant, and not overwhelming, to the eye.
  2. A noticeable absence of things being pushed onto the customer.
  3. Clean, minimalist style.

Now let’s try a smaller example. One that might be more uncomfortable to look at (and thus, hidden in a less obvious place of the internet).

I found this site (printypets) on an instagram ad recently and tried it out – got my girlfriend a present.

I felt a lot less comfortable using this for these reasons:

  1. I found it on an instagram ad. All this means is someone paid money to be promoted and show up on people like me’s feeds.
  2. I never got to talk to a human through the entire process, even when I had sent them a special message upon ordering my product.
  3. They wanted me to sign up for stuff.
  4. They pushed extra LIMITED TIME OFFER deals on me throughout the entire process.
  5. I had no way of knowing whether this product I paid for was coming, in what condition, how it would be sent, and more importantly, how the artist would actually create the product (you give them a picture and they turn it into something for you). You have to pay extra for a ‘special consultation,’ which did not really interest me… given two choices, neither of which I liked.

However, what I received in the end was great and I’m thoroughly satisfied. It probably surpassed my expectations. So we can also talk briefly about what they do right (in terms of the website).

 

  1. They use a trusted base, one that customers are familiar with even if they don’t realize it – shopify.
  2. They use photos sent in by customers to advertise reliability, explain their product, and show positive reviews all simultaneously.
  3. They have a nice bar at the top explaining deals and current events (Covid)
  4. All the other standard things are there including what cards are usable, social media links, a social justice cause, and other products you can buy too.
  5. Almost none of the photos are professionally done, and it feels like a bunch of friends got a bunch of instagram photos together to make the website.
  6. There are just too many deals and small offers and begs for more attention and purchases. It makes me feel like this is a quick money grab rather than a long term business. 

Again, in summary;

  1. They practically spam you with discounts and offers (if you post us on your social media 5$ off!!). This makes me feel like they are untrustworthy – a money grab business, rather than something more reliable. This makes me not want to buy their stuff.
  2. They have a niche market and a good product – it would help if they could advertise it in other ways than people’s social media photos, though that requires investment (the lack of such feels, again, unreliable)
  3. They offer chat functions etc. which is great, but then failed to answer to a question upon purchase.

Again, of course they did a ton of things right, namely the product! So, no real complaints, just healthy criticism.

 


Conclusions & Thoughts

Fill your customer’s head with this notion: “BUY BUY BUY, MORE, MORE, NOW!”

Just kidding.

There is a balance to be struck between what you can do and what you should.

While yes, it’s good to have a lot of pictures – if you cannot find a healthy mix of professional photos and social media photos from customers, it might be better to slightly change the format.

On the other hand, if all you have are professional photos, it becomes harder for the customers to relate.

There is a wavering of trust on either side of that extreme – and it goes down to every detail in the website.

When you are a niche market product like printypets, you can know that and leave some things unfinished, and push for the short term gain option. But they also, I believe, have the option to push for a more refined, trustworthy, long-term establishment. And if they don’t, I feel like they are likely to lose to any competition that goes for a cleaner, more professional look.

It’s given me lots of thoughts for what we ought to do – in finding the balance between too little and too much promotion. Between looking professional and relatable. In conveying what our product does while also maintaining minimalism.

Most importantly, dealing with money and policies in as clear and simple a way as possible. Coming from a different country (from any western customer) is already going to be asking for their trust – so maintaining a feel, an image of something close to what they are used to is really vital.

I do feel though that we’re getting there – some balance of the clean, minimalist look of apple with the explanations and utility of a site like august.com. I’m hoping we can stay away from the trendy, pushy offers and discounts of sites like printypets, and also incorporate more aspects of flow and photography like Apple does.


Reflections on Three Crazy Months

I’ve been stuck.

I write my blogs ahead of time just in case this happens.

So I don’t have to force one out so I can meet a deadline.

But I’ve been stuck.

So instead of moving forward, take a step back with me.

Sometimes a little backtracking is the fastest way to continue forward.

We’ll do it in three. The magic number.

Before starting work, getting used to work, and where we seem to be headed.


Stranded


Me and my girlfriend had gotten to Melbourne Airport with our luggage, at last.

We were exhausted, but finally ready to go back to Japan.

That expression ‘something’s gotta give.’ It felt like that with this last flight we found.

With the coronavirus situation exploding and us having already been through about 30 different cancellation procedures (our first flight back which had been scheduled to transit through Taiwan who closed their borders last minute and didn’t tell us), having found a miracle flight on the 26th of March just days later seemed like it would be worth the crazy last-minute prices.

As we checked in we were told they couldn’t find our names. However we were absolutely sure we’d booked the 26th. We went to customer service.

We were told our flight had been scheduled for April 26th, and besides, there was no way it could have been for March 26th as the flight back to Japan had already been full for several days and all other flights henceforth were cancelled. And yes, we are now stranded in Australia. Turns out the flight system, probably never having had to deal with a straight month of cancellations, booked us for the next immediate flight which was exactly 1 month later. People check the days, but who would even think to double check the month? That’s crazy.

Our jaws dropped. As we stepped aside to figure out what to do, keep our heads cool, and start making calls, a guy collapsed on the hard floor about 10 meters behind us (also shock from a cancelled flight perhaps?) and panic ensued.

I was supposed to start with stak on April 1st, we’d gotten our VISA and everything ready… after 3 years of hopping around on different VISAs and never finding stability, I was, at last, going back…

Anyways, hope was not all lost.

We collected ourselves, we returned to the Airbnb we still had (originally the plan was to be there till March 30th), and started looking at our options.

Among many other things, through several days of calls and being put on hold, the absolute bottom we reached was when the embassy of Japan told my girlfriend that it was her fault we were stuck as she’s the one who chose to go abroad in the first place, and that it was her responsibility to buy a flight back to Japan as there still were flights available (read: one flight a day for, at that moment, $8000 a seat).

They say: “if anything happens while you’re abroad, contact your embassy, they’ll take care of you.”

Yeah.

Then my grandma passed away, and you know, America was being America with the virus.


Isolated


Then, we found a flight on the 7th that was.. relatively affordable. I figured well, you know, it’s just one week later than was planned.

Then, on a whim, I searched again and found a miracle. Another flight was suddenly available with 2 seats on the 3rd of April, no price change for switching the dates.

We went for it without looking back, fearing the borders closing any moment, and booked a 5AM train ride from Melbourne to Sydney for the next morning so we could get there in time for the flight.

About 5 hours into the 12 hour train ride, we lost service. In one of those blips where the signal finds its way through the stratosphere, we got the message that Japan had closed their borders to non-nationals from Australia.

It was done. I was paying for a new apartment in Kyoto, starting a new job in Hiroshima, not able to get back for either of it, and all of my (I thought more than sufficient) savings were split between a bunch of different companies around the world who promised me they would pay me back in a couple months for my cancelled reservations.

I saw my girlfriend off (she made it back safely), and I took a sad flight back through a few layovers to my hometown near Washington, D.C.

I eventually got home and locked myself in my room as my parents are both at extreme risk if they were to get sick.

There is so much more, so many random details, but honestly, none of it matters.

Just when I thought I couldn’t take any more instability, I couldn’t deal with any more of this visa, country-crossing lifestyle, I got faced with a sudden, ultimate challenge.

I want to also say, honestly, that through all this time, I always felt lucky. I have wonderful people in my life and they are (so far) out of danger, I kept feeling, rather than thinking.

There are few lessons that life has really engraved in me, and one is that truly, from every “bad” (really meaning difficult or unexpected) moment comes countless good ones. It’s only with the hardships, that we can then experience the good times and appreciate them for what they are.

So I got to begin working from home for a company in Japan. When everything was up in the air, everything was hard. But as soon as it was clear I wouldn’t be getting back to Japan anytime soon, honestly everything settled down. Work took off. Everything with stak has been going smoothly. I’m super excited to do this job, and I think we’re a good fit. From starting off not knowing what I was even going to do for the company to now where I have more work and projects than I know what to do with, and I find them all rewarding. it’s looking good.


The Year 2020


This is the year of Chaos. We are feeling it.

No matter what your view is, I think we can all agree, especially in America, this is the year we are facing the chaos that we are on the verge of reaching as a species.

Through our rapidly accelerating technological development and the disparity it necessarily brings. In terms of economics, military, policing, education (sadly lagging behind).. every aspect of life, technology is taking the reins before we realized we’d let go of them.

This is the crazy part where I somehow connect what we do at stak to these big problems in the world and say how we are part of the solution.

But, no.

The problems we face are insanely complex, and it is just wrong to boil them down to simple solutions.

It is, I believe, even more wrong to use these problems for personal gain.


I know this week’s entry has very little to do with tech, and I will stay on focus most of the time, but right now, it is more important to be human.

And I hope whatever side you might think you’re on, you take some time to feel your humanity and the humanity of those around you, and those not around you, and those you might put far, far away from yourself.

The chaos we are feeling is caused by real issues, or it wouldn’t be happening.

The solution to these issues is not simple, or it would have been solved.

Every action, every vote, every conversation counts towards progress, which ought to be our goal.

We must continue to develop our abilities to think for ourselves and feel for others.

What you think matters – so nurture your mind and your heart.

Everything in the world out there is trying to bend your mind towards what it wants from you. Every product is designed for you to want to buy it, every politician speaks so you will support them. Accept these things, take information wherever you find it, and always search for a deeper understanding.


Every post in a tech blog ought to be about tech.

But you know, there is no blog without human beings.

AIってなに?

広報・PR担当の「あやな」です。

以前、次世代移動通信システム「5G」について紹介していきました。

今回は、みなさんも一度は聞いたことはある「AI」について紹介していきます。

AIとは?

AIは「Artificial Intelligence」の略で日本語では、「人工知能」訳されるのが一般的です。

実は、時代や、研究者により、とらえ方は様々で「AI(人工知能)」という言葉についてまだ定まっていないのが現状です。
さまざまな専門家がそれぞれの定義をしており、統一的な定義はありません。

AI(人工知能)の分類

AI(人工知能)は、「特化型人工知能」と「汎用人工知能」の2つに分けられます。

特化型人工知能(Narrow AI)

特化型人工知能とは、特定の領域に特化して能力を発揮するAIです。
すでに人間を超える能力が実用化されている分野であり、囲碁やチェス、将棋などでは、AIが人間のプロプレーヤーに勝利して話題となっています。

例えば、コンピュータ将棋(チェス)、Googleカー(自動運転自動車)、医療診断など、既に実用化されているものが多くあるのです。

汎用人工知能(AGI)

汎用人工知能とは、1つの分野だけでなく多岐にわたる領域で多彩な問題を解決するAIです。
人工知能(AI)自身による自己理解、自律的自己制御ができるもので、人間が設計した時の想定をも超える働きを期待することができます。
汎用人工知能のレベルが、最終的にAIが目指すゴールです。

また、他にも「弱い人工知能(AI)」「強い人工知能(AI)」と言う分類の方法もあります。

  • 弱い人工知能(AI)

弱い人工知能(AI)とは、ある枠の範囲で考える人工知能のことで、ある一定の範囲では既にに人間のレベルを超えてきています。

先ほどの「特化型人工知能(Narrow AI)」の別の呼び方とも捉えてみて下さい。
しかし、このAIはあらかじめプログラムされた事以外は何も出来ません。
役割としては、人間の能力の補佐や拡張としての機能を期待されています。

  • 「強い人工知能(AI)」

「弱い人工知能(AI)」とは逆に、ある枠を超えて考える人工知能を「強い人工知能(AI)」と呼びます。
人間のようにものを考え、認識・理解し、人間のような推論・価値判断のもとに実行をすることができるものを指します。

この AIは自律的に学び、意思決定行うことができるものです。
こちらも先ほどのもので言えば、「汎用人工知能(AGI)」のことを言います。

AIに使われる「機械学習」と「ディープラーニング」

AIに関するニュースなどでもよく使われている、「機械学習」「ディープラーニング」ついて詳しく紹介していきます。

では、まずはAIによって重要な概念である「機械学習」について、詳しく見ていきましょう。

機械学習

機械学習とは、大量のデータを学習することで、従来人間が行なっていた物の認識やグループ分け、適切な判断などを再現する技術です。

端的にいうと、人間は経験から学ぶことによって適切な判断ができるようになりますが、それを機械がデータ学習によってできるようになるというものです。

例えば、画像認識機能、将棋AIなども機械学習のシステムを用いて作られたと言うことができます。

一般的なプログラムは、開発者が動作を全て決めておくというものですが、機械学習は、トレーニングによって、機械が膨大なデータから規則性やルールを見出すことができるようになり、特定のタスクを高度なレベルで実行できるようになるというものです。
AIにはこの機械学習という技術が用いられています。

 

  • 機械学習でできること

身近な活用例には、迷惑メールフィルタがあります。
AIにメールの文面を大量に学習させることで、迷惑メールを自動で識別し、所定のフォルダに振り分けます。他にも、人間の顔を大量に学習することで、画像に誰が写っているのかを認識させる用途にも活用されています。

ディープラーニング(深層学習)

ディープラーニングとは、機械学習をさらに発展させた技術であり、「深層学習」とも呼ばれます。
ディープラーニングは、機械学習でも実現できないような認識や認知、判断をコンピューターに持たせることが可能になります。
人間以上の能力を発揮するものでもあり、様々な分野への応用が期待されています。

人間の脳神経回路をモデルにした多層構造アルゴリズム「ディープニューラルネットワーク」を用い、大量のデータを読み込むことで、どこで判断するべきなのかを、自ら学習するのです。
そのため、人間の手を借りずに、どんどん知能を高めていくものであると言われています。

 

  • ディープラーニングでできること

ディープラーニングが人間以上の能力を発揮する事例が、囲碁やチェスなどのボードゲームです。
これらのゲームを何度もプレイさせることで、トッププレイヤーすらも打ち破る手を考え出すことができます。

あやなのひとこと

今回は、「AI」について 紹介していきました。

「AI」や「人工知能」という言葉は、よく耳にするけどどういうことなのかふわっとしか理解していませんでした。

このブログを機会に、勉強しつつ皆さまにたくさんの情報をお伝えしていけたらと思っています!!

次回は、「AI」の 歴史につて紹介していこうと思いますので、

ぜひチェックしてみてください!

 

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

便利なスマートグッズ紹介 #9

広報・PR担当の「あやな」です。

以前、お家でかんたんにプロジェクターで動画や映画を見れる、

おしゃれな「電球型スマートプロジェクター「Beam」」を紹介しました。

ブログ「電球型スマートプロジェクター「Beam」」
https://stak.tech/news/5911

今回は、超小型なスマートプロジェクターを紹介していきます。

AODIN モバイル DLPミニプロジェクター

AODIN モバイル DLPミニプロジェクターは、Android4.4.4 OSが搭載しています。

そのため、本機単独でYoutubeやAmazonなど動画配信サービスのアプリを入れるだけで即動画を楽しむことができます。

そして、Wi-Fiが搭載されているので、ネット環境が無くてもスマホ(iPhone/Android)、タブレット、パソコンの映像をプロジェクターに映し出すことも可能となっています。

互換性の最大解像度は1920×1080Pで大画面の映画を鑑賞できます。

DLP投影方式で、画像の色再現性、精細性に優れています。

密閉性が高いため、塵、ホコリなどにも強く、耐久性があります。

バッテリーも5000mAhと先ほどと同じですが、明るさが低いためかこちらの製品は2〜3時間程度の連続投影が可能となっています。

これだけ投影できると映画一本ぐらいなら見れるのでその点については良いポイントと言えますね。

また、台形補正機能もついています。

格安プロジェクターとかだと台形補正ついていても15度とかしか補正できなかったりするのですが、この製品は40度まで補正が可能となっています。

Bluetoothも対応しているので、スピーカーとも無線接続ができます。

さらに最初から付属品として三脚もついているので、外でもプロジェクターで楽しむこともできます!

付属品

  • プロジェクター本体
  • 三脚スタンド
  • ワイヤレスリモコンとUSBレシーバー
  • HDMIケーブル
  • 電源アダプター
  • 収納ポーチ
  • 取り扱い説明書(日本語)

スペック(仕様)

  • 光学方式:DLP
  • 明るさ:300ISOルーメン(50ANSIルーメン)
  • 光源:LED
  • 光源寿命:約30,000時間
  • コントラスト比:2000:1
  • VRAM解像度:WXGA 1280*800
  • 物理解像度:480P
  • 投映サイズ:30-120インチ
  • 投写距離:1-5m
  • アスペクト比:4:3/16:9/16:10
  • Bluetooth:Bluetooth 4.0
  • 対応ドキュメントファイル:Word、PowerPoint、Excel、TXT
  • SDカード対応形式:ntfs vfat ext2 ext3 ext4。(exfatには非対応)
  • 電源入力:AC100-240V.50-60HZ, 出力:DC5V 3A
  • DC外径:4.0mm、内径:1.7mm
  • 内蔵バッテリー:5000MA
  • 充電時間:(電源オフ状態)約3.5時間/(電源オン状態)約6.5時間
  • 連続投写時間:約2時間
  • 対応言語:日本語、英語、中国語、フランス語などを含む70種類の言語

 

商品を紹介しています。

是非、チェックしてみてください!

ブログ「超小型プロジェクタ!AODINは超オススメ!」
https://youtu.be/_R6ZWiMk9eo

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

便利なスマートグッズ紹介 #8

広報・PR担当の「あやな」です。

現在、テレビを見るより「Hulu」、「Netflix」、「Amazonプライムビデオ」などの動画サービスを利用する方が多いと思います。

見る方法として、スマートフォンやタブレットで視聴する方も多いと思います。

「大きな画面で映画をみたいな。。。」と思ったことはないですか?

実は、お家でかんたんにプロジェクターで動画や映画を見れる商品があります!!

今回は、そんなスマートプロジェクターを紹介していきます。

電球型スマートプロジェクター「Beam」

Beam Labs社が開発した『Beam(ビーム)』は、電球のソケットを使用して映像を投影するLEDライト型スマートプロジェクターです。

セットアップは、AppleもしくはAndroidのアプリからビームのアプリをダウンロードするだけで簡単に行えます。

お使いのスマートフォンやタブレットから、内臓アプリの画面をコントロールして投影できます。
AirPlay や Miracast 経由でスマートフォンやPCからの映像を映すことができ、普段はお部屋の照明インテリアとしても使用可能です。

本体にAndroid4.2.2(1.3GHzデュアルコアプロセッサ/内蔵ストレージ8GB)を搭載しており、本体だけでYouTubeやNetflixなどの動画を投影することも可能です。
※操作はスマートフォンなどの専用アプリ

 

ビームを使って出来ること

  • スマホやBluetoothコントローラを使用してゲームをプレイ
  • キッチンカウンターにレシピを投影
  • ネットワークドライブからコンテンツをストリーミング
  • スピーカーを通して音楽を聴く
  • ダイニングテーブル上にボードゲームを投影しプレイ
  • プレゼンテーションを表示
  • レストランでメニュー表示に使用
  • 壁をデジタルアート作品に変身  など

 

仕様

  • サイズ:(直径)11cm × (長さ)15cm
  • 重量:400g
  • OS:Android4.2.2 1.3GHzデュアルコアプロセッサ、8GB内蔵ストレージ
  • LEDライト:100ルーメン
  • 解像度:854 × 480
  • 電源:E26/E27 型ソケット対応、ケーブル(付属)100V to 240V 50/60Hz
  •  スピーカー:2W+2Wスピーカー内蔵
  •  ネットワーク:Bluetooth 4.0, 2.4GHz Wi-Fi (802.11 b/g/n)
  • 付属品:Beam本体、ケーブル(約150cm)、取扱い説明書
  • 対応OS:iOS7( iPhone4S以降), Andorid4.0以降
  • 最大画像サイズ:120インチのワイドスクリーン
  • 保証期間:1年間

 

商品を紹介しています。

是非、チェックしてみてください!

しんちゃんとあやなチャンネル「電球がプロジェクタに!?Beamで気軽に部屋が映画館に!」
https://youtu.be/GvcO5gqEZhc

メディア掲載

ソフトバンクの「+Style」、LEDライト型スマートプロジェクター「Beam」を発売
https://www.excite.co.jp/news/article/Mdn_52288/

LEDライト型スマートプロジェクター「Beam」、専用スタンドとのセットが発売
https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/45300/

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

あやながおすすめするIoTのデジタルメディア

広報・PR担当の「あやな」です。

現在、たくさんのIoTについてのニュースは毎日出ています。

その情報法を知る方法は、たくさんあります!!

その中でも、わたしがおすすめするIoTのデジタルメディアを今回は紹介していきます!

おすすめのIoTデジタルメディア

 

  • WebHack(ウェブハック)

インターネットサービスやガジェットなどITトレンド情報を詳しく掲載されています!

WebHack
https://webhack.jp/

WebHack(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/webhack_news

 

  • 日経 xTECH

IT、自動車、電子・機械、建築などさまざまな産業に携わる全ての技術者とビジネスリーダーに向けた技術系デジタルメディア。

日経BPが展開してきた技術系の専門メディアである、IT系の「ITpro」、先端技術関連の「日経テクノロジーオンライン」、および建設関連の「日経アーキテクチュア・ウェブ」、「日経コンストラクション・ウェブ」などを発展的に統合したものです。

日経 xTECH
https://tech.nikkeibp.co.jp/

日経 xTECH(IoT)
https://tech.nikkeibp.co.jp/theme/iot/?i_cid=nbpnxt_pghd_iot_thm

日経 xTECH IT(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/nikkeibpITpro

 

  • IoT Today

IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載されます。

IoT Today
https://iottoday.jp/

IoT Today(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/iottodayjp

 

  • IoTNEWS

IoTやAIに関する事例と最新ニュース、インタビュー、データ、知見など、企業のデジタルトランスフォーメーションに役立つ情報が掲載されています。

IoTNEWS
https://iotnews.jp/

IoTNEWS(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/iotnews2015

あやなのひとこと

現在は、情報を知る方法がたくさんあります。

その多くあるデジタルメディアをいくつか紹介していきました。

毎日いろいろな記事がアップしていますので、みなさまも活用してみてください!!

stak公式Twitterでも、いろいろな情報を紹介していますので、是非チェックしてみてください!!

よろしくおねがいします。

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

stak利用料金についての説明

まずは11月26日から、Makuakeで開始しているクラウドファンディングについてですが、順調にファン獲得ができております。

この場を借りて、ご支援いただいた方々には心より感謝申し上げます。

本当に、本当に、本当にありがとうございます!

共有事項

さて、そんなstakですが、下記のような質問を数人の方からいただいております。

ご支援の足かせになっている可能性も高いと思い、みなさまにもご理解いただきたく共有させていただきます。

質問

なぜstakは一部の利用料金がサブスクリプション型の課金モデル(月額課金)なのか?

買い切りだったら買うのに。。

回答

stakの最大の特徴は、機能が拡張していくという点にあります。

つまり、今後新しいモジュールが増えていくことで、より自分好みの空間が作っていけるというところに魅力を感じていただきたいと思っております。

スピーカー、フレグランス、センサー、虫よけ、バッテリー、カメラなどなど、最低でも10〜15種類のモジュールの登場を考えております。

そうなると、新モジュールの登場ごとにユーザ様に買い切りで購入していただかないといけないのは、かなりの負担になります。

そこで、どこかのタイミングで、全てのモジュールを年間いくら(年会費)という形でご利用いただけるようにする予定です。

2019年2月14日の発売時から、一部ではなく全てサブスクリプションモデルでスタートすることも考えました。

ただ、発売当初はリモコンモジュールと照明モジュールの2つです。

もちろん、この2つのモジュールだけでもスマートホーム化は可能で、十分便利になったことを実感していただけることは間違いありません。

とはいえ、どうしても割高に感じてしまうユーザ様が多いというアンケート結果のもと、stak本体の部分だけサブスクリプション型の課金モデルにしました。

要するに、お得感を感じていただいたユーザ様に、少しずつサブスクリプション型の課金モデルに慣れて欲しいという意図です。

イメージとしては、Amazonプライムを思い浮かべてください。

サービスの開始当初は、翌日配達や送料無料といった、現在のサービスに比べて割高感があったはずです。

ところが、現在は翌日配達や送料無料に加えて、映画やドラマが見れたり、音楽が聞けたりと、3,900円の年会費で顧客満足度は非常に高いサービスの提供ができています。

stakもユーザ様に満足だと感じていただけるを質の高いサービスを目指しており、その形がサブスクリプション型の課金モデルだという答えにたどり着きました。

まずは1年間使っていただき、そのまま継続してご利用していただけるよう、スタッフ一同尽力してまいります。

クラウドファンディングの4大特典

<ご支援していただいた方々への4大特典>
1)stak本体の通常販売価格480円/月を400円/月で提供させていただきます。

2)完全サブスクリプション型の課金モデルに移行するまでに登場する新モジュールの優先購入権と50%OFFで購入できる権利を提供させていただきます。

3)完全サブスクリプション型の課金モデルに移行する際、特別価格にて提供させていただきます。

4)通常は初期不良に限り、1年間の保証をさせていただいておりますが、サービスが継続する限り自動更新にて保証させていただきます。
※1)〜3)の特典につきましても、サービスが継続する限り、自動更新にて保証させていただきます。

Makuake参照

最後に

クラウドファンディングの4大特典で記したとおり、stak本体と照明モジュールであれば、7,000円で最初の1年間お試しいただけます。

2年目以降は、400円/月×12ヶ月ですので、年間4,800円(税別)の利用料になります。

7,000円コース【超早割:200名様限定】stak本体、照明モジュールからご支援をお願い致します。

オススメは、stak本体、リモコンモジュール、照明モジュールの3つセットです。

こちらは、8,500円で最初の1年間お試しいただけます。

2年目以降は、stak本体とリモコンモジュールと同様に400円/月×12ヶ月ですので、年間4,800円(税別)の利用料になります。

8,500円コース【超早割:200名様限定】stak本体、リモコンモジュール、照明モジュールからご支援をお願い致します。

それでは、1人でも多くのstakファンを増やすために、今後もいろいろと活動してまいりますので、ご注目ください。

引き続きの応援、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Oculus Goを試してみて思ったこと

前回前々回とVRのことについて書きました。

2018年はスタンドアロン型VRに注目ということで、実際にその1つを試してみました。

選んだのは199ドルという破格で登場した「Oculus Go」です。

注文から届くまで

まず、事前情報で下記をゲットしていました。

  1. Oculus Goオフシャルサイトから購入する際には英語で名前や住所等を記載した方がいい
  2. 199ドルの32GBではストレージが小さいので64GBがいい

ということで、英語でパチパチ入力してポチりました。

64GBは29,800円(税込)でした。

 

すると3日目の朝8時にピンポーンとチャイムが鳴りました。

「誰やねん、こんな朝はやくに!」

2分後には笑顔でOculus Goを受け取っている1人のおじさんがいました。

これがOculus Goとの出会いでした。

開梱から起動まで

いざ手元に届くとテンション上がりますね。

箱から取り出すとこんな感じで収納されていました。

リモコンの上にあった黒い箱の中身を取り出して上から撮るとインスタ映えしますね。

ちなみにリモコンはこんな感じで持ちやすいです。

肝心の本体はこちらです。

事前に大きさや重さの情報は仕入れていたので、ほぼイメージどおりでした。

そしてアプリをダウンロードします。

 

【アプリのダウンロードはこちら】

  

アプリを立ち上げるとこんな画面からスタートです。

その後はチュートリアルに沿っていけばいいので迷うことなく起動できるはずです。

あ、ここはちょっと迷いました・・・。

この画面になったらいよいよ本体を起動です。

リモコンのOculusボタンから各コンテンツに飛ぶことができます。

起動から実際に使ってみて

結論からいうと、まだまだ今からだなという印象です。

はじめてVRを体験するとなると違う印象だったかもしれません。

それこそVR初体験のときは「おぉ〜、すげぇ〜!」と声を上げた記憶があります。

ただ、スタンドアロン型以外のVRを試したことがある人は同様の感想になった人が多いのではないでしょうか。

 

もちろん、素晴らしいと感じたところもあります。

起動が抜群にはやく、ストレスを感じさせません。

コンテンツが膨大にあり、今後もあらゆる方面のコンテンツが急速に増える可能性を感じさせてくれます。

当然すべてのコンテンツを試したわけではないですが、リピートしたいと感じたソフトや人に勧めたいソフトもありました。

 

反対に気になったところです。

個人差はあると思いますが、長時間の使用は目が疲れるので無理だと感じました。

その原因はピントが両目で常に合うという調整ができないところにあると思います。

目の間隔は人それぞれなので、どうしてもデバイスを標準値に合わせないといけないので仕方のない部分です。

ただ初回の使用後には少々頭痛を感じたのも事実です。

 

そして膨大なコンテンツがあるのはいいのですが、ソフトのダウンロードに時間がかかります。

また1つ1つのソフトのサイズが大きいので、冒頭に書いたデバイスのストレージは大きい方を買った方がいいという理由も理解できました。

ソフトのダウンロードを同時にすると失敗することもありました。

 

とネガティブなところの方が多く出てきてしまうのはクレーマーみたいで嫌なのですが、これが試してみた正直な感想です。

勘違いしてもらいたくないのは、あくまで現時点での感想ということです。

今後の期待値も含めた感想であることはご理解いただきたいと思います。

VRビジネスの今後について

VRビジネスと聞くと、まだまだ今からのビジネスだと思っている人が大半のようです。

ところが、日本国内ではすでに成果を上げつつある企業があります。

代表的なのがDMM社の展開するVR動画サービスです。

VR専門メディアの「MoguraVR」の記事によると、2016年11月のサービスリリース後1年で売上20億円を達成しています。

事業として黒字化しており、2年目の売上は30億円以上を見込んでいるとのことです。

サービス開始からトータルで300万件以上のVR作品が売れており、毎月10万人以上のユーザがVR動画を購入しているそうです。

 

他にも「VR(バーチャル・リアリティ)の世界へようこそ」でも書いたように様々な業界でVRの活用が始まっています。

IT業界はもちろん、製菓業界、医療業界、飲食業界、不動産業界などあらゆる業界で可能性が広がりを見せています。

最後に

VRについては常にネガティブな情報もつきまといます。

特に成長期にある子どもがVRを長時間見ると斜視になる可能性が高くなることは有名な話です。

ちなみにOculus Goは13歳以上が対象となっています。

ここは個人の解釈や判断によるのでしょうが、大人でもデバイスを長時間使用することは避けた方が無難かもしれません。

 

とはいえ、新しい世界を見せるという意味では是非とも若い世代にも使ってみて欲しいという想いもあります。

反面、踏み入ってしまうと確実にハマってしまう危険なカテゴリがあります。

 

それは「アダルト」の世界です。

期待値も大きかったので、いくつかのソフトを試しましたが、正直まだまだ過渡期です。

ただ、確実に日本発信で短時間に高クオリティのものが出てくるでしょう。

インターネットの普及や新しい技術が世の中のインフラになるときに「エロのちから」は強大です。

VRにとっても直接的、間接的に外せない要素です。

そんなVRの世界に今後も注目していこうと思います。

stakのWiFiモジュールにEspressifのESP32(ESP-WROOM-32)を使用した理由

みなさんこんにちは。開発担当の上本です。

stakはモジュール同士を連結してハード的に機能を拡張ができる点で、これまでのスマート電球とは少し違った形をしたIoTデバイスとなっています。

今回は、stakの頭脳であり、無線通信にも使用しているEspressifのESP32についてのスペックや採用した理由なども含めて紹介していきます。

ESP32(ESP-WROOM-32)のスペック

Wikipediaから抜粋して紹介します。

  • CPU:Xtensaデュアルコア32ビットLX6マイクロプロセッサ、160または240 MHzで動作し600 DMIPSまでの性能
  • メモリー:520KiB SRAM
  • 無線接続:
    • Wi-Fi 802.11 b/g/n/e/i
    • Bluetooth v4.2 BR/EDRとBLE
  • 周辺インターフェイス:
    • 12ビットの SAR ADC を18チャンネル
    • 2×8ビット DAC
    • 10×タッチセンサー
    • 温度センサ
    • 4× SPI
    • 2× I²S
    • 2× I²C
    • 3× UART
    • SD/SDIO/MMC ホスト
    • スレーブ(SDIO/SPI)
    • Ethernet MACインターフェイス DMAおよびIEEE1588をサポート
    • CAN Bus 2.0
    • IR(TX/RX)
    • モータ用 PWM
    • LED PWM 最大16チャンネル
    • ホール効果のセンサー
    • 超低消費電力アナログプレ-アンプ
  • セキュリティ:
    • IEEE802.11標準セキュリティ全機能に対応、WFA/WPA/WPA2/WAPIを含む
    • Secure boot
    • Flashの暗号化
    • 1024-bit OTP、768-bit ユーザプログラマブル
    • 暗号ハードウェア高速: AES、SHA-2、RSA、楕円曲線暗号 (ECC)、乱数ジェネレータ (RNG)
  • 電力管理
    • 内蔵LDO
    • RTC用の個別電源
    • 5μAのディープスリープ
    • ウェークアップ(GPIO割り込み、タイマー、ADC、タッチセンサからの割り込み)

モジュール単体でここまでの機能を搭載しているものは、他にはないのではないでしょうか。

特に単体モジュールにWiFiとBLEが搭載されているものは中々なく、GitHubの開発コミュニティも活発に活動されています。

ESP32を採用した理由

ESP32を採用した理由は大きく3つあります。

1モジュールにWiFiとBLEを搭載

まず1つ目が、モジュール内にWiFi+BLEが搭載されていることでした。

WiFiとBLEをデバイスに内蔵しようとなると、それぞれのモジュールを回路内に組み込む必要があり、コストも回路内スペースも大きくなってしまいます。

ESP32であれば、限られた領域でWiFi+BLEの機能を提供できるので、それだけで採用する価値があります。

また、stakはOTAでファームウェアを随時アップデートしていきますので、WiFiやBLEを使った機能拡張も予定しています。

オープンソース

2つ目が、ESP32のソースコードがオープンソースであるということです。

オープンソースとは言葉の通り、プロジェクトのソースコードが公開されており、世界中の誰でもソースコードの中身を見たり、開発に貢献することができるプログラム(ソース)のことを言います。

ESP32のプログラムを書く場合、Espressif公式が提供しているIDF(IoT Development Framework)や、日本でもかなり人気があるArduino言語(C++)といった選択肢があります。

これらのフレームワークは、どれもオープンソースで開発が進められており、バグの修正や新機能の実装は、コミュニティが積極的に取り組んでいます。

stakの開発は、限られた時間と人数で開発をしているので、モジュール自体の開発はコミュニティに任せ、stak独自の機能を優先して作れるところもオープンソースのメリットです。

補足ですが、将来的に個人が独自モジュールの開発ができるようにSDKと開発キットを出す予定ですが、こちらもオープンソースとして公開していく予定です。

多くのSPI対応ポート

3つ目は、ESP32のSPI対応ポートが多いことです。

stakはモジュールが着脱可能で、最大3モジュールまで接続してデータをやり取りすることができますが、それを実現しているのがSPIという通信規格です。

以前までは、ESP32の前モデルであるESP8266というWiFiチップで開発を進めていましたが、SPI対応ポートが少なかったため複数のモジュールを着脱することが難しい状況でした。

ESP32が登場したことで、ESP8266の資源を活かしつつ実装できることが大きなポイントとなりました。

最後に

以上がESP32を採用した理由でしたが、いかがでしたでしょうか?

内部のソフトウェアについては現在も開発を進めていますが、機能ができるたびに機能紹介をしていきますので、楽しみにしていてください。