今さら聞けない”エンジニア”とは?

広報・PR担当の「あやな」です。

現在、学校の授業でもプログラミングが組み込まれるなどといったことから、
エンジニアとして働くことに注目が集まっています。

そういったことから、「エンジニア」という言葉をよく聞くようになったような気がします。

それに、株式会社クラレが、今春小学校を卒業した子どもに”なりたい職業”についてアンケートに、
「エンジニア」が上位にランクインしています。

将来就きたい職業 トップ10(株式会社クラレ)
https://www.kuraray.co.jp/enquete/2020_s6

しかし、「エンジニア」がどういう仕事をしているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな「エンジニア」について「エンジニア」について紹介していきます。

 

エンジニアとは

エンジニアとは、「工学(エンジニアリング)に関する専門的な知識やスキルを持った人材」のことを言います。
日本では「技術者」とも呼ばれます。

IT技術が進んでいる現在は、プログラミング技術を利用してものづくりを行う「ITエンジニア」が注目・活躍しています。

その「ITエンジニア」の中でも、「システムエンジニア(SE)」、「プログラマー」、「サーバーエンジニア」、「IoTエンジニア」などさまざまな種類のエンジニアがあります。

 

エンジニアの種類と仕事内容

  • システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わり、
ソフトウェア製作の指揮を監督的な立場で行うエンジニアです。
ソフトウェアエンジニアと呼ばれることもあります。

仕事内容としては、プログラムを組んだり開発したりするイメージが強いですが、クライアントのシステム開発をする場合は、
クライアントからの要望を明確にし、システムを作り上げる必要があります。

システムエンジニアは、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わるので、システムの機能等がまとまったら、
設計書を作成し、設計書に基づいてプログラムを作成します。
システムが完成したら、システムが正しく動作することをテストで確認をし納品します。

システム開発には多くの人が関わるため、コミュニケーション能力は必要な職種と言えます。

 

  • プログラマー

プログラマーは、コンピューターを動かす「プログラム言語」を用いて、さまざまなシステムやソフトウェアをつくる職種です。

プログラマーが作成するシステムやソフトウェアは、テレビやスマートフォン、電子レンジなど、身の回りのあらゆるところにプログラムが活用されています。

仕事内容としては、システムエンジニアが考えたシステムやアプリケーションの設計に基づいて、
コンピュータープログラムを組み、さまざまなシステムやソフトウエアを作りあげている職種です。

プログラマーはプログラミングに強いだけではなく、 システムエンジニアからの計画書を正確に読み取る力や、
修正が必要な個所があったならそれに気づき指摘することも必要になります。

 

  • サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、コンピュータシステムを運用するサーバーの設計・構築・設定・運用・保守を行うエンジニアです。

デバイスの多様化やアクセス速度を上げる必要性、セキュリティの強化といった問題に対して、
サーバーの新設や入れ替えを通して解決し、スムーズに接続し合えるよう構築や運用、保守を行う仕事です。

仕事内容としては、”サーバーの構築業務”と”サーバーの保守・管理業務”があります。

構築作業では、メールサーバーやWebサーバーなど、それぞれのサービスに合ったサーバーを設計します。
プログラマーと相談しながら、サーバーのスペックを見つつ使用台数を確認したり、通信速度や電源との兼ね合いを見たりしながら、最終的に配線を行いサーバーを構築します。

運用・保守では、サーバーの運用中に必要な変更を加えたり、障害発生時に対応したりします。

 

あやなのひとこと

今回は、エンジニアの種類や仕事内容についてご紹介しました。

私の中で、「エンジニア」というと、パソコンと向き合って仕事をするというイメージが強くありました。
しかし、人と関わることの多い仕事もあるのでコミュニケーション能力がとても必要な業種だと思ういました。

それに、「エンジニア」といっても、仕事内容や役割もさまざまです。

エンジニアを目指される方は、しっかりその職種を知るというのが大切だと感じました。

 

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

新照明モジュール開発の様子のご報告

stak編集部でございます。

機能が拡張していくstakですが、新しいモジュールや新機能の開発を日々進めております。

現在販売している、照明モジュールは暖色のみですが、寒色の照明モジュールもほしいという声が多くあり、

その要望をお答えするため、寒色の照明モジュールの開発を進めております。

今回は、その新照明モジュールについてご報告いたします。

 

開発・検証の様子

検証準備

0%〜100%の明るさの調整確認と寒色・暖色等の照明の色変更の操作を確認を行いました。

まず近くで明るさや色を確認し、光った時の状態の確認を行い検証をはじめていきます。

 

 

検証

色や明るさをいくつかパターンを変えながら検証をしていきます。

実際に部屋で使うときを想定し、天井から光らせ夜に行いました。

  • 暖色
色や明るさをいくつかパターンを変えながら検証をしていきます。
  • 寒色

最後に

今回は、新照明モジュールの開発・検証の様子をお伝えしていきました。

新照明モジュールだけでなく、さまざま新モジュールの開発を進めておりますので、

その開発の様子や検証の様子についても随時ご報告していきます。

引き続きスタッフ一同尽力して参りますので、楽しみにお待ちいただけると幸甚です。

Beyond HTML

Where We’re At

Alright.

So looking back at where I was a little while ago (the beginning of August, not even that far back), I have come a long way. And, as is the sensation of learning, I have come to see how far I have to go as well.

Here are some simple points I can note with confidence:

 Like with language, it’s easy to make it look like you’re ‘speaking the language.’

Let’s compare my screenshot from last time:

To the untrained eye, or my vision 2 weeks ago, these both look like “Code.” Very impressive. A lot like how if people can manage a basic amount of a language like Chinese, the outside viewer who knows nothing about it will assume they are pretty fluent.

The reason I say this is because I had this hunch that learning programming would be not only exactly like learning a language (in my case Japanese) but intensely benefit from prior experience in the field. If I could understand that which made me able to learn Japanese, and put them in clear and concise principles, I could apply those to my new study of programming and learn effectively.

Let’s see what those two similar looking, but in nature, completely different html docs look like when run.

Old:

 

Pretty basic huh. New:

This is just the front page, and there is so much more. Every aspect of this page I look at, there are things I am completely unaware of that I could do better or differently, and there are also things I am aware of that I want to do better. That’s a satisfying feeling; an empty canvas, with which I can paint as I will according to the abilities I feel like developing.

Holistic Learning

I ended up graduating with, among another major and other minors and extracurricular activities (read: protests, social action), a philosophy major. Beyond any of the stigma that comes along with that, I genuinely found it to have given me some of the most useful skills I could have possibly learned, in a practical sense, and also in an internal, emotional, human sense.

The ability to understand, and express. The honed desire for ideas that are clear and concise. The capacity to approach ideas incomprehensible, and the wisdom to set issues aside that are irrelevant or lack a solution.

There is nothing more fundamental to our daily lives than these skills, in my honest opinion. I’m sure there are a lot of schools out there where the actual implementation of the degree (teaching staff, curriculum) doesn’t do the field of study justice – as was the case with my other major – however, for what it was, my experience was indispensable.

The reason I talk about Philosophy, and one example of its applicability, is it helps me understand things like language, and now programming.

Take math: On the most simple level, one can memorize that 2+2=4, and 4+7=11. Make those example equations as complex as you want. To truly understand what ‘addition’ is, and all its actual and potential applications and implications, is something completely different. It’s an entire world of utility apart.

In the same way, one can memorize the 1:1 translation of any word in another language – but to understand why and how the actual ideas in our heads are expressed in the other language – it’s completely different.

So with programming: one can google search how to do something. Anything. Easily. On the internet. It’s 2020 (please end.). They can then copy and paste whatever they find into their code, change a few words so it applies to what they’re making, and be done.

However, to understand what the coding language itself does, what it asks of you, and what it can do, is completely different.

What I have come to understand about coding through HTML is this.

What I then have come to understand about HTML is that I needed to learn more than HTML to accomplish what I wanted to.

What I then learned about css is that it’s used in a separate document for cleanliness, conciseness, and efficiency. I can then assume that is true for the general method of artful programming.

What I then learned about bootstrap is that it is a grid system. I really have been learning this.

w3schools, a great resource so far, says this about bootstrap:

  • Bootstrap is a free front-end framework for faster and easier web development
  • Bootstrap includes HTML and CSS based design templates for typography, forms, buttons, tables, navigation, modals, image carousels and many other, as well as optional JavaScript plugins
  • Bootstrap also gives you the ability to easily create responsive designs

This is completely useless information for someone who doesn’t already know what all of that means. Thus. Pretty useless stuff. It’s like hearing that Japanese is an east asian language with the 2000+ Kanji, and 50+ character alphabet of Hiragana and Katakana, the comprehensibility of the language being dictated by a balance of those three writing systems, while pronunciation relies on pitch accent, You say, “Okay.”

On the other hand: you can just dive in. https://getbootstrap.com/docs/4.5/examples/

Bootstraps website as well as w3schools give examples. Take apart examples. Understand them. Recreate them. This is, in my opinion, the way to learn anything.

Where To Go From Here

While I’ve spent tons of time learning the ‘vocab’ of bootstrap (how to make a navbar, how to make a carousel, etc.), I was spending a lot of time looking up how to do each thing, and copying from examples. There’s no flexibility or efficiency in this. So I’ve spent a lot of time the last 2 weeks learning what bootstrap is.

You have to learn the vocab. You have to put your nose to the grindstone and do the hard work. But spending at least as much time searching for a true understanding will, in the end, not only make the artform more efficient and effective, but more artful, more full of beauty.

Will update again as the site nears completion!

日本で使える「サブスクリプションサービス」の紹介

広報・PR担当の「あやな」です。

前回は、今さら聞けない「サブスク(サブスクリプション)」の特徴とメリット・デメリットについて紹介していきました。

ブログ「今さら聞けない!「サブスク」って何?」
https://stak.tech/news/7056

今回は、その「サブスク」を日本で利用可能なサブスクリプションサービスを紹介していきます。

サブスクリプションサービス

動画配信サービス

  • Amazonプライムビデオ

サブスクリプションサービスの中で、幅広い世代で最も利用されているサービスではないでしょうか。

アマゾンプライム・ビデオは、Amazonが展開する定額制動画配信サービスです。
海外から国内のドラマや映画、アニメやアマゾンオリジナル作品など豊富なコンテンツを見ることが出来ます。

料金については、月額500円(月間プラン)と年額4,900円(年間プラン)を選択出来ます。
さらに、はじめての利用であれば「30日間無料トライアル」を利用することが出来ます。

アマゾンプライムビデオ
https://www.amazon.co.jp/gp/video/offers/ref=dvm_jp_pv_sl_go_001_kw_gikbhLJoc_c294142296654_g25297098784

 

  • Netflix(ネットフリックス)

Netflixは、世界190カ国以上、1億人以上が会員として利用している月額定額制の動画配信サービスです。
取り扱っているジャンルは映画以外にも、Netflixオリジナルのテレビ番組、海外ドラマシリーズなどを見ることができます。
オリジナル作品のクオリティが高いことで有名で日本でもオリジナル作品にハマっている人も多く、芸能人もSNSでアップしているのをよく目にします。

そして、Netflixは、使い方(画質の良さ・同時視聴できる台数)に合わせて、料金プランを選べるのが特徴です。

〈画質〉

  • ベーシックプラン(月額800円) :標準(SD画質)
  • スタンダードプラン(月額1,200円) :高画質(HD画質)
  • プレミアムプラン(月額1,800円) :超高画質(4K画質)※4K作品は限られる

〈同時視聴可能台数〉

  • ベーシックプラン(月額800円):1台
  • スタンダードプラン(月額1,200円):2台
  • プレミアムプラン(月額1,800円):4台

Netflix(ネットフリックス)
https://www.netflix.com/jp/

 

  • Hulu(フールー)

Huluは、アメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置く定額制動画サービスです。

Huluは、海外ドラマや日本のTV番組に強いことと、リアルタイム配信(「ライブTV」)があり、6万本以上作品が見ることが出来ます。
また、日本テレビと提携しているため、「日テレオンデマンド」内のコンテンツも視聴可能。放送中のドラマやバラエティの見逃し配信から懐かしの番組まで見ることが出来るので邦画のラインナップが豊富です。

そして、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な機器で視聴可能です。

料金については、月額1,026円です。
※iTunes Store決済の場合は、月額1,050円
さらに、はじめての利用であれば「2週間無料トライアル」を利用することが出来ます。

Hulu(フールー)
https://www.hulu.jp/

 

音楽配信サービス

  • Spotify(スポティファイ)

Spotifyは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽ストリーミングサービスです。

Spotifyは、世界中から集めたジャンルを問わない多彩な音楽を5000万曲以上配信されており、
楽曲データをスマホなどのデバイスに保存せず、ネットを通じ通信しながら再生し、音楽を楽しむ事ができます。
無料でも全曲フルアクセス・フル尺再生可能です。

〈視聴可能人数〉

  • フリープラン(無料):1つのアカウントで利用可能
  • 個人プラン(月額1,480円):1つのアカウントで利用可能
  • プレミアムデュオ(月額1,280円):2つのアカウントで利用可能
  • ファミリープラン(月額1,480円):最大 6つのプレミアムアカウントが利用可能
  • 学生プラン(月額480円):1つのアカウントで利用可能

Spotify(スポティファイ)
https://www.spotify.com/jp/

 

  • Apple Music

Apple Musicは、Appleが提供する定額制の音楽ストリーミングサービスです。
6,000万曲を超える音楽を広告無しでストリーミングでき、気に入った曲を自分のライブラリやプレイリストに追加したり、
端末にダウンロードしてオフライン再生したりすることができます。

さらに、様々なジャンルのプレイリスト、ワールドワイドでオンエアされるラジオ番組、聴いている曲をもとに作られる音楽ミックスなど、新しい音楽に出会うための機能もあります。

〈視聴可能人数〉

  • 個人プラン(月額980円):1つのアカウントで利用可能
  • ファミリープラン(月額1,480円):最大 6つのプレミアムアカウントが利用可能
  • 学生プラン(月額480円):1つのアカウントで利用可能
    ※在学証明を提供することで48カ月間(4年間)登録出来ます。

さらに、はじめての利用であれば全てのプラン「3ヶ月無料プラン」を利用することが出来ます。

Apple Music
https://www.apple.com/jp/apple-music/

おもちゃ

  • Toysub!(トイサブ!)

0歳~4歳未満の子供を対象に、成長に合わせたおもちゃや知育玩具を届けてくれるレンタルサービスです。
成長と共におもちゃの好みは変わるため、自分で揃えようとすると大変になります。
でも、何が子どもにあっているのかわからないからいろいろ試してみたいというお母さんの願いを叶えてくれたサービスです。

申し込み時に、手持ちのおもちゃを申請しておけば家にあるおもちゃもかぶらないようプランを作成され、
借りたおもちゃをそのまま購入することもでき、そのままずっと延長して利用することも出来ます。

そして、使ってみたいおもちゃをリクエストすることも出来ます。

料金については、隔月コース:月額 3,340 円です。

Toysub!(トイサブ!)
https://toysub.net/

あやなのひとこと

今回は、日本で利用できるサブスクリプションサービスについて紹介していきました。

コロナの影響で、自宅にいる時間が増えたことにより、アマゾンプライムビデオやNetflixといった動画配信サービスを契約した方も多いのではないでしょうか。
実は、この動画サービスもサブスクリプションだったんです。

そして、サブスクリプションといえば、上記の動画配信サービスを思い浮かべる方も多いと思いますが、
stakや今回紹介したToysub!といったモノのサブスクリプションサービスもあります。

世の中には、たくさんのサブスクリプションサービスが出ているので、是非探してみてください!

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

Diving Into HTML 2

Study Everything

This is what my window looks like at this point. 

It reminds me of when I was learning Japanese at cafes, surrounded by about 10 books, 3 notebooks, my laptop, and somewhere in their midst a nice, hot latte, half-drunk.

I like to learn things holistically. Which can be crippling in its overwhelming nature. But I do feel it is the best way – getting to the essence of the thing you’re trying to learn. The essence… understanding. Which gives you flexibility. Which is the mark of truly knowing something. Having mastery of something regardless of the context.

So here is what I’m doing with html, and what I’ve done.


I dove into the youtube tutorial last blog to get some work down.

I felt that it was like being taught some vocabulary in a language class – without learning about the grammar, or pronunciation, let alone getting to practice it. This is the problem I run into with so many ‘educational’ resources these days. And the cynical side of me says it’s because they want to keep the blinders on as long as possible so you’ll only go through their course to the very end (and have advertising time etc.). However there are always gems out there, you just have to search a bit. 

So I went right to the source. With Japanese, I got a real book and trudged through it. I tried to write top level poetry while at an amateur level so I’d have to stretch my abilities. So I’m doing the same here.

It was apparent that with just this html stuff there’s no way it’s even a fraction of how to make a real, modern website. I need to grasp all the other things that go into making these cool 2020 websites. Scanning the source code of our current site and various others, I got to see all the tools I’d need to learn about.

I dive into stuff like this that I have NO training to understand. And with the right attitude – this is nothing but a gold mine for learning. If this is the real thing, and I can learn to understand it, and mimic, and then recreate it, then I’ll have mastered it.

So since it seems like HTML is crazy basic text stuff only… the non-html things:

Google Tag Manager

I found pretty much this exact thing across several different sites. So time to find out what it is.

Found a really good article here.

There are three main parts to Google Tag Manager:

  • Tags: Snippets of Javascript or tracking pixels
  • Triggers: This tells GTM when or how to fire a tag
  • Variables: Additional information GTM may need for the tag and trigger to work

Which begs the question: what are tags?

Tags (metadata) – are words or phrases which describe the content of your site, regardless of format. The same tags can be added to text, articles, videos, products or photos. We recommend always using more than one tag for each item.

Well, so they describe it and… the important part: you can configure everything. This is data analytics. You could make a tag for Blog views. Then you can trigger it to only fire when the viewer reaches a certain point on just the blog page. Or something for ads. There’s lots of possibilities, and there’s lots of perks for using it.

But the short is: customizable site analytics.

Bootstrap

My biggest question looking from the source code of a website to the website itself was “how the heck do you just… format things?” The code for summoning an image somewhere with text next to it seems easy enough. But I really wanted to figure out how you know, the site actually gets its shape.

A showerthought, but designing a site in just HTML can be thought of as typing up a site on Microsoft Word, then having a program that can do that type-up all at once.

So I was looking around at different site’s codes and googling things I didn’t understand. On our site, and then August’s site I found clues that pointed me to this.

I wanted to find out how to duplicate this Slideshow-style front picture:

So I checked for where it would be located in the source code:

Bingo. Then I’ll just google this thing:

Got it.

So what is bootstrap. I’ve heard about Java, and CSS – but apparently I’ve gotta know this thing too, for sure.

w3schools has been the best resouce I’ve found. Giving you info and letting you look at it however you want. For bootstrap, they have this.

Where we’re at:

I’m getting a hang of looking at code in general. The mental link between the mass of characters and symbols and the product that comes out of them. What I want to work on for next week is formatting using bootstrap so I can really give some shape and space to my site. It seems like the other things like Google Tag Manager, and HTML etc, putting images and sizing them and getting text on there.. that all seems okay. I’ve gotten through the <head> or in other words, the backend section of our new site, leaving a few parts blank or with blanks to be filled in. The body is next. So, to bootstrap next week!

今さら聞けない!「サブスク」って何?

広報・PR担当の「あやな」です。

「サブスク」という言葉を1度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか。

最近では、「Lemon」で有名な米津玄師さんがサブスクで解禁したことで、ニュースにもなりました。

今回は、stakも導入している「サブスク」について説明していきます。

サブスクとは?

「サブスク」と、サブスクリプション(subscription)を略した言葉です。
サブスクリプションを直訳すると「加入」や「購読」といった意味があります。

サブスクリプションとは、会員になることで利用できる期間に支払うサービスの事です。
一般的には「定額制」のサービスの事をいいます。

サブスクリプションというと、、動画や音楽といったものを思い浮かべますが、
最近では、「定額制のサービス」という認識をされているので、新聞などもサブスクリプションといえます。

 

サブスクのメリットとデメリット

メリット

 

ユーザー側のサブスクリプションを利用するメリットは

  • 初期費用を抑えられる
  • 利用開始のハードルが低いので、始めやすい
  • 必要なくなったら解約することが出来る(サービスやプランによっては期間が決まっている場合もあります)
  • 購入・所有せず利用できるので、管理コストが減る
  • 新しい商品やサービスに出会いやすくなる
  • サービスを利用するたびに毎回料金を支払う必要がない
  • トライアル・お試し期間があるサービスが多く試しやすい

などが挙げられます。

上記の例でもあげているように、初期費用を抑えて所有せず利用できるので、利用することに対してハードルが下がります。

そして、使わなくなった場合、購入したものは家にずっとおいておかないといけませんが、
サブスクリプションサービスの場合は、使わなくなったら解約することが出来るので、
家に使わなくなったものをずっと置いておくということもなくなります。

 

デメリット

ユーザー側のサブスクリプションを利用するデメリットは

  • 急な値上げのリスクがある
  • 使わなかった場合でも契約期間中は料金を支払う必要がある
  • 多くのサービスを利用すると、費用がかさむ可能性がある
  • 必要としない機能やサービスもついてくる場合がある
  • 解約するとサービスや商品が利用できなくなる(手元に残らない)
  • などが挙げられます。

比較的安価でサービスを利用できるものが多いですが、多くのサービスを利用すると費用が多くかかってくる場合があります。

サービスによっては、パッケージ化されているものも多くあり、その場合、利用しない機能が含まれているケースがあります。
音楽配信サービスの場合なども、好きなアーティストやジャンルなどは限られてしまい、興味の薄い作品なども含まれていることがあります。

サービスを利用する場合は、しっかり検討して利用することが大切になります。

 

あやなのひとこと

今回は、サブスクリプションについて紹介していきました。

「聞いたことはあるけど、実際どういうものなのかわからないから手を出せない」という方もいらっしゃると思います。

サブスクリプションは、とても始めやすいサービスです。

気になったものを簡単に始めることが出来て、さらに安価で始めることができるサービスです。

是非、このブログを読んで「サブスクリプション」を身近に感じてもらえると嬉しいです。

 

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

Diving Into HTML

The Computer Youth

I was fortunate enough to grow up on computers.

My Dad worked for some branch of Apple at some point, and was one of the original computer nerds, into programming and all that jazz. He would always be the ‘computer guy’ for all our friends whenever they had issues that needed fixing. He’d always grumble and rage about it, but, then again, that’s par for the course. He’d still do it and always help people out with whatever tech problems presented themselves.

He was an Apple guy to the point of making his license plate “MAC ONLY.”

I was playing the original Warcrafts, Command & Conquer, Power Pete, MDK on a mac computer before the iMac back before my memory really grew consistent.

By the time we had our mandatory typing class in 3rd grade I was busy showing off how I could already type without looking. I was so cool. Look at me showing off my privilege.

A fair number of my friends growing up, and more as I got older, were from a young age equally well versed in the computer world.

It’s such a strange thing to take for granted, considering it’s likely the most valuable skill one can have in the modern world.


Reality

The reality of our time is that if you have computer skills, you will have a job, and usually a well paying one.

For a long time, (being rebellious and all) this is what put me off of the whole idea of learning programming etc.

I wanted to go my own way, and go on the paths less traveled. And I’ve spent the better part of my life doing so. I’ve have learned the value of doing so, and intend to continue on my own path – making decisions, as much as possible, from a rational basis while never betraying the heart. This is how I like to think of it. I like to think we all know what a betrayal of the heart is. It’s the opposite, I suppose, of following your gut. When you know something is right, you have to do this thing, and you choose not to.

At any rate – I dove away from computers in every way I could. I transferred from the well-respected successful polytechnic university I originally enrolled at, and ended up at a more well-rounded, less academic city school. I’ve pursued music, community service, languages, the whole Japan thing, education, cycling, small business, coffee, photography, interviews, and freelance videography. Now I’m here. And it’s been a drawn out period of instability and uncertainty, and I’ve come to really face the skills I have and the ones I want to have to be able to really be an asset in society.

Working with stak has given me a chance to dive into many newer fields and see where I really am, and am not, useful. And it’s one of the most gratifying things perhaps – to feel useful.

Asking for something else to work on for the company, I was prompted with learning the html for our new website. So I’m going to dive in – there are so many resources for learning programming. It’s just another language after all.

How hard could it be? 


Finding a Structure

This is paramount to learning anything. Whatever the system is, if it works for you, it’s good. There is no perfect system for learning something, and some of the worst (what does that mean?) structures can be the best for some people. If using it helps you make progress, it’s correct. If it doesn’t, try something else. Find structures and stick with them no matter what.

For learning Japanese, I had several structures that I would stick to religiously. One, namely when I was learning Kanji, was Wanikani. Though it’s a paid service, it gave you words to ingrain into your memory at spaced intervals so it would remind you right before you forget each meaning. These kind of things are really important if you find one you are able to buy into.

One thing I did with Japanese was begin a project. That was, along with you know, being able to live basically as a Japanese person, to read Harry Potter and the Sorcerer’s Stone from the beginning to end. When I was started it would be grueling; looking up practically every single kanji on the page, and if I worked really hard, finishing a page in a day. By the time I got halfway through, I was reading without looking up more than a word a page. The closer you get to the start of my battered copy of that book, the more covered in ink each page gets. Whereas the second half has practically no markings at all.

So what’s it going to be for HTML? Well, I’m lucky because I have the project. Turning our website design into usable HTML code. That’ll be my Harry Potter. As for my Wani Kani, my steady ‘vocabulary’ study…

I could watch videos telling me how to learn like this or this. Both great content but, there is a common trap of talking about learning instead of just learning. Supplements are only ever supplements. The true path of learning is not so clean-cut and predeterminable. It’s more about the time spent with that which you don’t yet understand.


Do Lots Of Work

This is one of my favorite quotes ever. Due to its lack of elegance and feeling of honest, and just the fact that it’s advice I don’t often hear:

“Nobody tells this to people who are beginners, I wish someone told me. All of us who do creative work, we get into it because we have good taste. But there is this gap. For the first couple years you make stuff, it’s just not that good. It’s trying to be good, it has potential, but it’s not. But your taste, the thing that got you into the game, is still killer. And your taste is why your work disappoints you. A lot of people never get past this phase, they quit. Most people I know who do interesting, creative work went through years of this. We know our work doesn’t have this special thing that we want it to have. We all go through this. And if you are just starting out or you are still in this phase, you gotta know its normal and the most important thing you can do is do a lot of work. Put yourself on a deadline so that every week you will finish one story. It is only by going through a volume of work that you will close that gap, and your work will be as good as your ambitions. And I took longer to figure out how to do this than anyone I’ve ever met. It’s gonna take awhile. It’s normal to take awhile. You’ve just gotta fight your way through.”

So. Let’s dive in.

I used this, and I made this:

Which looks like this:

All in all, html is definitely a more satisfying way to start learning about programming than python or anything else I’ve tried before.

Onwards and upwards. Until next time.