At Last! I Got My Hands (and Lenses) on stak.

I received something in the mail the other day.


It came.

stak. The Legend.



I should say staks, as two Standard Sets came out of the box. I have them for the quite apparent purpose of writing blog entries like these, for something not quite so visible -yet- which is designing our instagram and other forms of video/photo I’ll be working on, and lastly  for that whole thing of me working for a company whose main product I have never possessed.


Here’s my concise review because let’s be honest: reviews, especially those on blogs like these, tend to be not only artless but also, more importantly, uninteresting. Most are also biased, but I can’t tell you I won’t be.

stak is solid, but light.

The magnetic click of attaching a Mod is

as satisfying as a nice cup of coffee

on a morning with not so much to do.

I don’t mean this lightly, a good cup of coffee is an unrivaled good.

The click really is one of the best parts of stak.

It does what it should and it does not feel in any way cheap.

It feels like it at once has and still lacks identity.

 

It feels like something new.

This one will take some more explaining.

Of course, every device, every invention is new.

And maybe google home and stuff, it all feels new to someone cause it is

actually

new.

But, let’s take something that we know, something that’s old and unchanged

A fan, a cup, a toilet, maybe a light bulb.

A light bulb say you?

How about a light bulb that won’t fizzle out and die

that also contains all those connective digital remote control devices

you have scattered around your house to varied degrees of utility?

That’s more what I mean that it feels new.


Hi Dad.

Taking something that is established as a household necessary,

and breathing life into it.

This is, originally, the good in all these devices was it not?

I don’t want to just rattle on about this – but in all seriousness

I think replacing, renovating, and redesigning the stuff we already do have around the house is a much more honest and productive goal (though not necessarily as lucrative) than trying to convince people that you’ve got the next home necessity and they need you to give it to them.


Here’s where I’ll be honest:

• The app needs to feel more finished and stylish.

• The device needs more mods. With only two, we lose all the fun of swapping mods and experiencing all the potential stak has.

• The light mod got pretty hot (not overheating or anything) in the wall socket, and I need to find out if the device is set to handle different countries varying voltages.

• I want to change the color of the light (this is in the works).


That’s what I have.

Most importantly, and I say this with full honesty as it’s both a positive and negative:

I can feel absolutely the potential in the device.

The task at hand, then, is to help it live up to the potential.

I will also say this with honesty: there was someone who, in the development or brainstorming process, thought how they felt when they clicked a physical lock to shut a door, or when they flickered the lights on and off as a kid back before they had to yell to the room at large to a robot to do it for you…

and they remembered that it’s a good feeling.

I have come to believe rather wholeheartedly that tech is a wonderful thing for the world – but I believe more than ever that we humans, as physical beings in a physical world, not only prefer but need physical sensations.

Farming, taking hikes, hugging your dog, hugging a friend, biting into a cookie.

There is no replacement for these.

There is no improvement for these.

There is no automated process to create the satisfaction that comes from feeling your own existence in this world.

Mostly, I believe the right mix of old and new is, well, right.

To me, neither extreme is the right answer.

The right answer comes amidst the consideration after knowing the two extremes.

stak might not be quite there yet, but it’s built to become so.

Unlike a lot of gadgets, it’s not here to grab the market, get rich quick and get out.

It’s built not to add stuff, but to hone the stuff we already have.

It feels like a new old in the best way.

あやなのリモートワーク生活〈その3〉

広報・PR担当の「あやな」です。

新型コロナウィルス感染症 (COVID-19)の感染拡大を防ぐために増え、よく耳にするようになった「リモートワーク」。

前回、前々回とブログで、わたしのリモートワーク生活について紹介しています。

ブログ「あやなのリモートワーク生活〈その1〉」
https://stak.tech/news/6497

ブログ「あやなのリモートワーク生活〈その2〉
https://stak.tech/news/6531

今回は、リモートワークに欠かせないツールを紹介していきます。

リモートワークに不可欠なツール

ビジネスチャットツール

リモートワークを行うにあたって、コミュニケーションは不可欠になります。
そのため、チャット形式でメッセージのやり取りを行うことで、ビジネスメールよりも素早いコミュニケーションを取ることが可能です。
そして、ビジネスチャットツールでは、やり取りが時系列で残るため情報の後追いがしやすいのが特徴です。

  • Slack(スラック)


世界150ヵ国以上の企業で導入されているビジネスチャットツールがSlack(スラック)です。
個人同士のダイレクトチャットだけでなく、組織やプロジェクトの許可されたメンバーのみが参加できるチャンネルでやり取りが可能です。
シンプルなデザインはUIに優れていて、ビジネスチャットツール初心者の企業でもスムーズに導入できるます。
外部ツールと連携することでSlackのチャンネル上にアラートや重要情報がアップされるので、業務効率も上がります。
GoogleドライブやDropboxなどのフォルダ共有サービスをはじめ、1,000以上の外部ツールとの連携が可能です。

Slack(スラック)
https://slack.com/intl/ja-jp/

 

  • Chatwork(チャットワーク)


Chatworkは日本発のビジネスチャットです。
日本企業らしいきめ細やかなサポートと使いやすさで支持されています。
グループチャット機能はもちろん、音声通話・ビデオ通話機能があり、内容にあわせてコミュニケーション手段を変えられます。
タスク管理、非常時の安否確認も一つのツールでまかなえるため、複数ツールを導入したくない企業におすすめです。
無料で使えるフリープラン、個人利用向けのパーソナルプランもあり、個人あるいは小規模事業所でも導入できます。

Chatwork(チャットワーク)
https://go.chatwork.com/ja/

 

Web会議システムツール

Web会議システムは離れた人同士が対面してコミュニケーションを取るために欠かせないツールです。
特に会議やミーティング等では、相手の顔を見て話すことでコミュニケーション効率が上がります。

  • Google ハングアウト Meet

Googleが提供するコラボレーションツールの G Suiteに含まれている、ビジネス向けのWeb会議システムです。
会議を設定してリンクを共有するだけですぐに会議を開催できるので、チームメンバーやクライアントが専用アカウントを持っているかどうかを気にする必要はありません。
Googleカレンダーからの予約設定もできるので、スムーズにWeb会議を行えます。

Google ハングアウト Meet
https://apps.google.com/intl/ja/meet/

 

  • zoom(ズーム)

WEB会議・オンライン会議のツールとして人気のzoomミーティングも、オンライン商談で活用することができます。
HD品質の映像と高音質の音声が特徴で最大で1,000名までが参加可能です。
そして、最大49のビデオをスクリーン上に表示することが出来ます。
バーチャル背景と外見補正機能もあり、オンラインならではの使い方も出来ます。
Office365やG Suiteとの連携も可能で、カレンダーでのスケジュール作成も可能になります。

zoom(ズーム)
https://zoom.us/

 

  • Skype(スカイプ)

SkypeもWebだけではなく、スマートフォンでも使うことができるツールです。
チャット機能では、個人間のやりとりもグループでのやり取りも可能です。
また、無料のビデオ通話機能もあり、こちらも最大10人までの会話を行うことが出来ます。

Skype(スカイプ)
https://www.skype.com/ja/

タスク管理

タスク管理はチームメンバー同士が互いのタスクを共有したり、管理職がタスクを振り分けたりするのに欠かせません。
特に「タスクの可視化」という面で重要であり、タスク可視化が実施されないと作業負荷が平準化できません。

  • Asana(アサナ)

Asanaは料金や機能面が平均的なタスク管理ツールで、企業で初めて導入するにはオススメです。
特徴としては追求されたUIや操作性です。
あまりこのようなツールに慣れていない方でも、すぐに慣れるように作り込まれており、カンバン形式やリスト形式を選べるなど、自身が使いやすいようにカスタムすることも可能です。

Asana(アサナ)
https://asana.com/ja/?noredirect

クラウド・ストレージサービス

ネット上で簡単にファイルを共有できるサービスです。
メールでファイルを添付し、あとからパスワードを送るという煩わしさがなく、情報共有が圧倒的にスムーズになります。
エクセルやワード、パワーポイントのようなドキュメントも、メールに添付して送り合うのではなく、ネット上で同時に大勢で更新できるようにもなります。

  • Google Drive(グーグルドライブ)

Googleドライブは、Googleが提供するさまざまなWebサービスと連携するクラウドストレージなので、社内でGoogle ハングアウトやGmail、Googleドキュメント等を利用している場合は、より活用的です。
また、G Suiteに含まれているビジネス向けのGoogleドライブは、ファイル共有だけでなく共同作業の場としても使うことが出来ます。
G suite契約をしていないユーザーともファイル共有が可能です。

Google Drive(グーグルドライブ)
https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

 

テレワークを始める際に使いたいツールをご紹介しました。

最近では、テレワークという働き方が認知され始めたこともあり、さまざまなツールが開発されています。

これらのツールの利用は、初めは慣れるまで苦労するかもしれませんが、長い目で見れば今まで以上に仕事効率をアップできるツールだと思いますので、
ぜひ、これらのツールを上手に使いこなして、自分やチームの業務効率化に繋げていただればと思います!

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

The Good, The Bad, The Surprising

What causes companies to fail?

And what causes companies to start?

Why is it that some companies that seem like they should fail stay up, and some that seem like they should succeed fall?

I feel like this will be a nice segwey from last week’s blog into more of what we’ll be doing from here on. That is, more questions based on honest curiosity rather than a desire to provide some form of content.

As I dove further into this rapidly booming IOT world, I found gadgets expected and unexpected, and devices that caused me to roll my eyes and some that caused my eyes to open. Let’s check them out, then talk about -why- .


First, the expected. Sonos.

This is a good speaker. This is a good company. They found success and stability. Especially in the modern world filled with new tech and devices, if a device sells, it is reasonable to assume that some customer need is being fulfilled.

John MacFarlane, the founder of Sonos, had the dream of being able to connect all the speakers in one house to a central control device (read smart phoen) without having to drill holes and thread wires as if in a labyrinth. This is pretty much the IOT dream – make things cleaner, simpler, and connected.

What I find most interesting about this is the unexpected bit: that, like most start-ups, it took three years of repeated efforts and failures, along with a healthy dose of luck, to succeed. As techcrunch.com notes, start-ups need early adopters, and early adopters are usually not afraid to spend a bit of money. They launched initially as a high priced item, and then offered lower options as demand went up.

I wonder how true that is these days?


Onto the unexpected: the failed car HUB device, Navdy.

I found a wonderful website called failory.com, which educates you of failed companies mistakes. Check them out.

The reason Navdy is unexpected to me, is because it is something that I at once did not expect as a product and also did not expect to fail so readily. The reason for failure, while one being the gadget itself was not entirely well received by the community, was owed also largely in part due to the unexpected factor of there already being lots of HUD and navigation tech out there.

This is marketed as more of that augmented reality stuff that I am personally a big fan of – however, in the end, it just was not well done. Simply: why would anyone pay $400 for a headsup display when they could pay 20$ and mount their phone in the same spot?

Finding that coalescant moment where the market demand and a reasonable cost of production meet. That seems to be what it’s all about.


To the eye opener: the SmartMat yoga mat.

This is not the eye roller. I thought it would be too. But this thing singlehandedly caused me to reconsider a lot of my predisposition towards smart gadgets.

This is a fully functional, rollable yoga mat that has a smart device built in. That is, it has sensors throughout the entire mat to analyze where you put pressure on it so it can guide you, and speakers and connectivity built in.

Now whether it perfectly achieves all this is another question, but let’s say hypothetically it does: what a cool device. It is not one of life’s necessities. But I feel it’s very reasonable to say it makes a very clear improvement to something that is very important to a lot of people.


Here it is. The Mr. Coffee Smart Optimal Brew.

MAYBE you like it. MAYBE you need to schedule your automatic instant coffee brew so it can be there for you. MAYBE to you pressing a button on the coffee machine is too much work and pressing several buttons on your phone is much more convenient.

But for me, trying his hardest to forget any of his own personal preferences for coffee (it is my favorite thing in the world besides my girlfriend), this is too much.

This is perhaps the prime example of an unnecessary device. I am open to being convinced otherwise. Please try to change my mind.


So.

Start-up companies fail. Most of the time.

Only a handful of devices become anything more than playthings by device-lovers.

None of these companies found success or demise by one factor, but by several.

  • Navda failed not only by having a sub-par product, but by being expensive and diving into an already saturated market with little demand.

More than whether there is a necessity, asking if there is a market.

  • There might be little to no necessity for the smart mat, but to say there’s no market for modern yoga products would be to completely misunderstand modern trends in the western world. (Hate to say it, but this is probably how Mr. Coffee Smart Brew will make millions).

More than asking if the product is well made (though to fail here is an easy end), asking if the product can be well-made and affordable to your market.

  • Sonos didn’t exhaust themselves trying to make a cheap product – instead they focused on making a good product, knowing that those early adopters would buy in based on quality.

If you believe people need your product,

asking what people will need to believe they need it too.

 

What is it that we understand about stak that

we need to convey to everyone else?

 

Be ambitious without spreading yourself too thin.`

With no risk, there is no reward.

Success is the fruit of repeated efforts.


Sonos

Smartmat

Mr. Coffee

Failory’s Article on Navdy

あやなのリモートワーク生活〈その2〉

広報・PR担当の「あやな」です。

前回は、わたしがリモートワークを知ったきっかけについて紹介していきました。

ブログ「あやなのリモートワーク生活〈その1〉」
https://stak.tech/news/6497

今回は、世間が新型コロナウイルスの影響をうけている中、わたしたちIT企業の現状についてご紹介していきます。

 

世の中は突然のリモートワークで仕事環境が急変

新型コロナウィルス感染症 (COVID-19)の感染拡大を防ぐため、「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」を導入する企業が増え、一時的にでも仕事環境がガラッと変わった方も多いと思います。

広島県に住んでいるわたしの周りでも「来週から急遽テレワークになった。」と戸惑っている友人もいました。

そのはじめてテレワークをする友人に、数日後状況を聞くと、急遽テレワークが決まったこともあり「テレワークの日でも時々職場に行っている」と言っていました。

ネットで検索くしてみても、友人と同じような結果が出ていました。


(画像:株式会社RECEPTIONIST「スタッフブログ」)

 

そして友人は、こうも言っていました。

「確かに時間の余裕はできたけど、なれない仕事環境逆に疲れる。。。」

 

友人のように仕事環境が急に変わり、戸惑う人も多い中、

わたしは、打ち合わせなど極力人との接触を避けるために、遠隔での時間が増えたものの、仕事環境がほぼ変わらず仕事をすることが出来ていました。

そんなわたしのように、普段から「リモートワーク」を取り入れている、IT企業(テクノロジー系の企業)も今までと変わらない働き方が出来ています。

そして、昨日39県で緊急事態宣言が解除され、リモートワークをしていた企業も通常業務に戻っている方も多いと思いますが、

またいつ、感染が広まるかわからない状態です。

そうなったときのために、企業としての働き方の見直しを行っていく必要があるのではないかとわたしは思います。

 

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

All These IoT devices!

So here we are at my second blog post.

Today I thought I’d start you off with a short challenge.

Go ahead and name an IoT Device or brand that is not google or amazon.

Okay.

Second challenge, try to name more than two things those devices actually do for you other than respond when called and turn on netflix for you.

Okay.

So with that, you will understand why I decided for this post it might be nice to tackle two birds with one stone and do some research for both of our sakes into the IoT world.

I’ll try and avoid the typical blog list-to-get-hits kind of feeling and get quickly into taking strong and relatively uneducated layman’s opinions that you can agree with or not. Really, we’ll just learn a bit more about what’s out there without marketing being forced onto us.


First and foremost is August.

August seems to have taken careful note of two specific aspects of our modern society.

1. Google and Amazon have the interior taken care of.

2. We seem to order everything we could ever need to our doorstep now. Leading to theft of what is left on our doorstep.

So they came in and decided to claim the front door as their land, with a 24 hour camera and then a smart lock system. They seem to advertise the ease of installation and use everywhere on their website – and honestly, who does know how to install a new lock on their front door?

It is definitely an important issue to address with delivery culture, but is a $220 smart lock the key, pun intended? Then again, locksmiths have kept their jobs surprisingly far into the digital era, and virtual keys might be calling many of our names. As for the camera, is there any imaginable application besides warding off theft? And if these thieves were to, as in the good old days, wear a mask, does this camera provide anything other than a $230 sense of security to us?


Secondly, this is the Foobot.

It monitors the air quality in whatever space you put it in. This will tell you how clean the air is in your house for a meagre $200.

Jokes aside, this obviously has lots of applications for other spaces besides a private closed room. As they say, it’s not their hardware, but their data processing through machine learning that makes Foobot stand out. So for those already in the market for improving their spaces’ air quality, this is great. Not only is it high (and always improving) quality, but it’s apparently cheaper than any competition, as well as being an IoT device and thus compatible with your smart phone.

Is it something everyone needs? No, but maybe it doesn’t have to be. And it’s good at what it does.

https://foobot.io/


Next we’ll talk about Kuri.

This video does a good job of summing it up: “Kuri’s biggest strength is just how cute she is.”

https://www.youtube.com/watch?v=spWA04YqkIg

The makers of Kuri, 2018 founded Mayfield Robotics, went into this searching less for a niche market with high profit, and more with passion and a goal for making a home robot, and one that can keep you and your family company. So while qualifying as an IoT Device by pairing with your devices and all that, it’s goal is to be fun and simply make you smile. And when you look at any toy you’ve spent money on, what other goal is there to be desired? You might think of it as a Google Home whose presence you can actually feel and interact with. https://www.youtube.com/watch?v=vplb_Ra5WN8&t=5m10s


And we’ll finish today up with the Belkin Wemo Light Switch.

It won’t take a long introduction. It does what a stak Light Mod does (minus the light itself), but it replaces a light switch in your home. Then you can connect it to a Google Home or Alexa. This is standard connected stuff.

https://www.belkin.com/us/p/P-F7C030/


My thoughts:

I’ve come into this IoT scene with just about no knowledge of the breadth of IoT technology already out there. Also when I joined stak, I had never really had much interest in the things, always thinking these kind of devices are pretty much a waste of time.

But the more I’ve looked into it, the more I’ve come to think that that’s just like calling computers a waste of time. Yes, you can live without them. However, they are an integral part of this world, and as such it can only be a good thing to cultivate not only knowledge, but a sense of joy.

Something doesn’t have to be necessary for it to bring people happiness, nor to be very important to people. While some devices may be made only to cater to what seems to be an excess of convenience, the perspective that they are creations of playful inventors helps weather those misgivings.

Just like drones, and indeed the current coronavirus, thinking about it in terms of your immediate sphere of society does not seem life-changing. But thinking about all of these things as they impact massive overarching systems, societies – as they enter hospitals and the industrial setting and the service industry – the effect is exponential.

The reason perhaps to make new and better IoT devices is because making new and better tools allows us to use them to a greater potential. Seeing the toy-like joy of Kuri, the specific utility of Foobot, and the actual problem-solving of August’s products shows me that these are the very kinds of things stak can impact. That not only gives me a sense of satisfaction with the direction we’re headed here at stak, but with a sense of hope for humanity in general.

あやなのリモートワーク生活〈その1〉

広報・PR担当の「あやな」です。

前回、ブログで新型コロナウィルス感染症 (COVID-19)の感染拡大を防ぐために増えている、「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」について紹介していきました。

ブログ「いまさら聞けない!リモートワークって何?」
https://stak.tech/news/6486

今回は、わたしのリモートワーク生活について紹介していきます。

 

リモートワークとの出会い

わたしは、stakのメンバーのなる前に歯科で勤務をしていました。

約7年間勤務した歯科を退職し、stakのメンバーと出会いました。

そこで、stakのこと、stakのメンバーを知っていく中で、

まず不思議に思ったことが、stakのメンバーの「働く場所」と「働き方」についてでした。

 

わたしは、”働く”というと”職場に行って仕事をすること”というのが当たり前で、

職場の人と毎日のように顔を合わせることも普通でした。

そんな中、stakは、なかなかstakのメンバー全員がそろうことなく、

それにみんなが集まるのはいつも植田の家(通称:ウエダハウス)。

そのことが不思議で植田に聞いたことがあります。

そうするとこんな答えが返ってきました。

 

「必要な時には集まる。でも、そうでないときは遠隔(チャット)で行う。家でできることは、家でする。」

 

”リモートワーク”や”在宅勤務”、”テレワーク”なんて聞いたことももないわたしは、この答えに驚きました。

当たり前だと思っていたことがすべてstakでは、当たり前ではありませんでした。

 

この仕事環境に、動揺しつつも働いているうちに、「リモートワーク」をすることにより生まれる時間を見つけることが出来ました。

前回のブログでも紹介しましたが、リモートワークの最大のメリット「通勤時間がない」

通勤するために、準備をして人の多い公共交通機関を使って職場に向かう。

この時間が、全く必要なくなります。

この時間を、有効に使うことで仕事もプライベートも充実することがわかりました。

人間の集中力は、せいぜい1時間程度。訓練を積んでも2時間が限度だと言われています。

家であれば、自分のタイミングで、自分の好きなように時間を使い、集中して業務を行うことが出来ます。

 

歯医者に勤務していた頃のわたしでは、考えつかなかった「リモートワーク」が今となっては、当たり前になっています。

この、新型コロナウイルスの影響で同じように感じている方も多いのではないでしょうか。

このブログを通じつ仕事の効率を上げるために「こんな方法があるよ!」「こんなアイテムがあるよ!」など、

みなさんと共有できたら嬉しいなと思っています。

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

いまさら聞けない!リモートワークって何?

広報・PR担当の「あやな」です。

新型コロナウィルス感染症 (COVID-19)の感染拡大を防ぐため、「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」という働き方が増えていると思います。

しかし、「言葉はよく聞くけど、、、、意味がよく分からない」「テレワークと在宅勤務って意味が違うの?」「どういうメリットがあるの?」と感じている方も多いのではないでしょうか。

3つとも「オフィス以外で働くこと」という意味ですが、それぞれの言葉の示す働き方は少し異なります。
今回は、3つの新しい働き方について紹介していきます。

 

テレワークとは

テレワーク(Telework)とは、「テレ(Tele) = 離れた所」と「ワーク(Work) = 働く」を組み合わせた造語です。
情報通信機器等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができる形態のことをいいます。
在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィスの3つの働き方の総称とも言われています。

日本国内におけるテレワークの推進や普及活動などを手掛けている日本テレワーク協会は、テレワークを以下のように定義しています。
「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」
引用:日本テレワーク協会『テレワークとは』

 

在宅勤務

在宅勤務とは、「自宅で仕事をすること」「自宅を仕事場所として働くこと」をいいます。
テレワークの一種で、リモートワークも在宅勤務を内包した言葉です。

「在宅勤務」といっても、オフィスにまったく出社せず自宅のみで仕事をする場合もあれば、
週のうち何日か出勤する場合や、必要なときのみ在宅勤務する場合など、働き方はさまざまです。
自宅で仕事をするだけでなく、場合によってはカフェなどで仕事をするという人もいます。

リモートワークとは

リモートワーク(Remotework)とは、「リモート(Remote)= 遠隔・遠い」と「ワーク(Work)= 働く」を組み合わせた造語です。
「離れた場所でする仕事」という意味のリモートワークが生まれています。

そして、コンピューター分野で「リモートRemote)」を使用することが多いことから、IT業界やベンチャー企業の中で「離れた場所でする仕事」ことをリモートワークと呼ぶようになりました。

また、「働き方にかかわらず、オフィス外で働くこと」という意味で使われることも多く、「フルリモートワーク(フルリモート)」という言葉もよく使われています。
これは「完全なリモートワーク」を意味し、完全に出社せずに仕事をする働き方を指しています。
たとえば「週5日フルリモート」という場合は、週に5日間オフィスに出社せずに仕事をすることを言います。

「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」のメリット

  1. 通勤時間がない

    「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」は、通勤時間がないことが最大のメリットではないでしょうか。
    広島県内でも、通勤時間に何時間もかかるという方もいると思います。
    それに、満員電車や渋滞に巻き込まれたりと会社に行くだけで体力や時間の消耗されます。
    在宅勤務ならその通勤時間がゼロになります。

    その分の時間を業務やプライベートにあてて、時間を有効的に使うことが出来ます。

  2. 育児や介護と両立しやすい

    小さなお子さんがいる家庭や、介護をしている家庭の場合、急な病気などに対応しなければならないことがあります。
    そんな家庭の方は、自宅を長時間空けられず、働きたいけど働けないという方も多いと思います。
    「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」であれば、緊急事態態にもすぐに対応できます。

  3. 緊急事態の時にも業務を行うことができる

    新型コロナウイルス感染症のように、人から人へ感染する病気や、台風や地震といった自然災害が起きた場合でも、
    「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」であれば、オフィスに通勤しないので、感染・災害リスクから自分自身を守ることができます。

  4. 勤務地の決まりがない

    必要な機材や環境さえあれば、自宅でなくても働くことが出来ます。
    そのため、自分が最も働きやすい環境で仕事をすることが可能です。
    また、何かしらの事情で引っ越しをしないといけなくなった場合でも、仕事を続けることも可能になるかもしれません。

  5. 仕事の時間を自由に決めることができる

    いつまでに何をするという仕事の内容のものが多いので、仕事の過程に関しては自由としている企業も多くあります。
    その場合、お子さんがいる家庭は、昼間は家事をして夜に集中して作業するといったように、自分の都合に合わせて仕事の時間を決めることが可能です。

  6. 作業に集中しやすい

    オフィスだと、電話や誰かに話しかけられたりすることで、誰にも邪魔されず仕事をすることは難しいと思います。
    「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」であれば、自分の集中しやすい場所で仕事をすることができるので、
    集中して仕事を行うことが可能です。

 

「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」のデメリット

  1. 仕事とプライベートのオン・オフの切り替えができない

    オフィスという環境や勤務時間という概念がなくなることで、一日中パソコンを立ち上げて仕事したり、
    だらだらと過ごして仕事がはかどらなかったりし、仕事とプライベートのオン・オフの切り替えが出来ずに
    曖昧になってしまうことも多くあります。
    しっかり自己管理をすることが大切です。

  2. 生産性が低下する可能性がある

    相手が直接見える場所で働いていないため、お互いのコミュニケーションが減ることにより、生産性が低下する可能性もあります。
    テレビ電話やチャットなどのツールを使いしっかりコミュニケーション(連絡)を取ることが大切です。

  3. 情報漏洩の可能性がある

    自宅や近所のカフェ、電車で移動する間など、場所を選ばずどのような場所でも働くことができるため、
    パソコンの紛失や盗難といった可能性もあります。
    情報が漏れる可能性を軽減するために、情報管理や社内情報の扱い方など対策を決めることが大切です。

  4. 運動不足になりやすい

    パソコンでの作業や通勤しないことによって、運動不足になりやすいです。
    家の中でもストレッチをする、散歩や買い物に行くなど、意識的に体を動かして運動不足を解消することが大事です。

あやなのひとこと

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、「テレワーク」「在宅勤務」「リモートワーク」という働き方の需要が増え、仕事環境が大きく変わった方も多いと思います。

そして、緊急事態宣言が延長したこのによりテレワークでの仕事が続くと思います。

なれない仕事環境によって困っている方もいらっしゃると思いますが、今回のブログで、テレワークのメリット・デメリットを理解し、その問題が改善されると幸いです。

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ

ハッタリと嘘の狭間で 第86話〜第90話

第86話

1時間程度のフライトはあっという間だ。

ここからは、今回のピッチを予選大会から主催をしてくれている担当者も一緒ということで、気も楽だった。

どのくらいか詳細は覚えていないが、結構な期間をアメリカで過ごしている人なのでいろんな情報が聞けたことも新鮮だった。

カーネギーメロン大学を出ているとのことで、今回の旅のしおりにカーネギーメロン大学での交流が含まれていたことに合点もいった。

ピッツバーグ空港からもUberで目的地に向かう。

待っている間、空港内にあるスターバックスでコーヒーを買った。

このアメリカ出張で何度かスターバックスを使ったが、はっきりいって日本のスタバの方が清潔感もあるしホスピタリティも圧倒している。

オシャレな感じも日本のスタバの方がクオリティが高い。

ショートサイズがないことは聞いていたが、サイズがデカいのも少しだけでいいという感覚の人からしたら迷惑でしかない。

ということで、何回目かのデカいコーヒーを片手にタクシーに乗り込んで中心地へ向かう。

第87話

NYで数日過ごした後のピッツバーグは対照的なところしかなかった。

ゆったりと時間が流れているというか、中心地こそ高層ビルもあるが近年発達したような街づくりで、いい意味で田舎の感じが緊張を緩和させてくれる。

天気が良かったということも大きいかもしれない。

5月中旬で、ここまで気温が上がることも珍しいということで、NYでも同じようなことを聞いたな。。と思った。

中心地へ向かう途中に知るのだが、ケチャップで有名なハインツの本社もピッツバーグにあり、それこそ空港から中心地へ向かう途中にお目にかかることができる。

アメリカの著名投資家であるウォーレン・バフェット氏の投資会社が出資していることでも知られている。

そして、黄色い橋を越えると中心地への入口だと教えてもらった、まさにその橋を越えると景色も一変する。

球場が見えたり、高層ビル群が見えてくる。

ただ、NYのように混沌としておらず、空が広く住みやすそうな街だということが伝わってくる。

もちろん、NYのような刺激的な場所の魅力もあるが、それとは全く違う魅力のある街だ。

第88話

中心地から少し離れた場所がどうやらピッチ本番の会場らしい。

「ここです」とタクシーが停まった場所を見て、一瞬「?」となった。

協会の中をピッチ会場にしているということだ。

半信半疑で中に入ると、設営スタッフがせっせと準備をしてくれている。

ちょっとした展示スペースも設けてくれており、リハーサルがあるというので、そこまでの時間をのんびり過ごす。

確か、日本、香港、韓国、カナダ、アメリカから3チームといった構成で決勝戦という感じだったはずだ。

様々な国からどんなチームが来ているのかを見るのは興味深かった。

海外を感じさせてくれたのは、大型犬を会場まで連れてきているチームもあったことだ。

てっきり、ペットに携わるプロジェクトなのかと思っていたが、そのチームの発表になって全く関係のなかったことを知る。

こういった自由さというかおおらかな感じは日本ではあまり感じたことがない。

ランチも会場内に準備されており、これぞアメリカ!といったサンドイッチは普通に美味しかったし、大きな注ぎ口が付いたパックにコーヒーが入っていて、それがスタバが届けてくれるモノだと教えてもらったときには日本でも欲しいサービスだったりもした。

こういった会場1つとっても日本では体験したことのない、いい意味でほんわかしたところはリラックスさせてくれた。

第89話

本番は夕方からということで、リハーサルを終えるとホテルにチェックインしに向かった。

ホテルのレセプションもNYの機械的だった対応に比べると、とてもフレンドリーだったのを覚えている。

「日本人?」とか「ようこそ、ピッツバーグへ!」とか、こちらがいまいち英語がわかっていないこともお構いなしに、いろいろと話しかけてくれることもリラックスさせてくれた。

その後も部屋を出たときにロビーや廊下ですれ違ったときにも気さくに声をかけてくれるホテルスタッフに親近感が湧いた。

その後、ホテルの近くを軽く散策しながら、ピッチ本番へ備えた。

一番ネックだったのは、質問も全て英語だというところだったが、そこは通訳を入れてもいいということらしく、同伴してくれた担当者がしてくれるということで安心した。

とはいえ、NYで指摘された良くないところは少しでも改善したかったし、丸暗記とはいえ、自分がしゃべるところについてはしっかり暗記していこうということで、近くにあった本番とは別の教会に入った。

ステンドグラスがキレイで、日本にはない建物に最初は癒やされてこそいたが、その中で何度も何度も原稿を読み返し、頭に英語を叩き込んだ。

第90話

そして、いよいよ本番が迫っているということで、会場へ向かう。

リハーサルのときとは打って変わった雰囲気になっていた。

たくさんの人が入っていて、もちろん日本人は同行した人たち以外には皆無だ。

正直、俺はピッチで緊張したことはない。

このピッツバーグでのピッチのオーディエンスは200〜300人くらいだろうか。

それ以上の会場で話をしたこともあるが、強がりでもなんでもなく緊張よりも、せっかく時間を割いて来てくれた人に少しでも記憶に残る、来て良かったと心から思えるような時間を提供したいという気持ちが勝る。

英語縛りというのは確かに少々ナーバスにさせたが、その要因の大きなところはQ&Aがあり、そこも英語縛りだというところだった。

ただ、先にも述べたが、ここについては通訳ありということになったので、緊張という緊張は全くなかった。

むしろ、ステージから見る外国人だらけの光景に高揚したくらいだ。

あっという間にピッチは終わり、Q&Aも終わった。

結果は全く賞には引っかからなかった惨敗に終わった。

ネイティブたちの表現力に圧倒され、ただただ自分の小ささを露見するだけだった。

後から、大してレベルの高いピッチではなかったと海外のピッチ経験が多い人に教えてもらい、悔しさだけが残った。

海外戦略、映像・撮影担当のご挨拶 The Newest Member of Stak Family: Overseas Approach • Media Producer

こんにちは!

4月からstakのメンバーになるマイケルです。

まずは、みなさんに知っていただくために、私の自己紹介をしようと思います。

Hi!

As of this April, I am the newest member of the stak family, Michael.

I thought first and foremost that I might introduce myself. Not just because I’m new to stak, but also because blogging is new to me.

自己紹介

私は、ワシントンDCの郊外にある、レストンという街で生まれ育ちました。

レストンという街は、昔に比べると賑やかになってきましたが、静かな街です。

22歳の時に、四国の遍路の道に興味を持ち、何も知らないまま日本へ行きました。

愛媛あたりを巡礼している時に、日本に住みたいと思い始めました。

それから、日本に住むことを決断し、広島の英会話教室で英語講師として働きました。

英会話教室に勤務しつつ、独学で日本語の勉強もしていました。

英会話教室を退職後、他の地方も見てみたいと思い様々な地方へ行きました。

その間に、翻訳と写真・動画作成の分野に没頭し、Sounds of Japanを作り、株式会社Bike Tour Japanの立ち上げにも携わりました。

So, who am I and what am I doing here:

I’m an American/Canadian dual citizen who grew up in Reston, a (used to be) quiet town near Washington D.C.

I came to Japan to walk the Shikoku Pilgrimage and felt like I had to live in Japan.

I taught English for two years in Hiroshima while I studied Japanese, then spent two years wandering and getting involved with several projects.

During this time, along with creating Sounds of Japan and co-launching a company called Bike Tour Japan, I dove into translation and photography/videography work.

stakとの出会い

私はいままで、部屋へ当てもなく“Hey Alexa”と言う発言を耳にした時、ゾッとしてました。

それに、「このGoogle Homeで俺の家が便利になるぞ!」と友人から言われ呆れました。

そんな私が、IoTデバイスを作っている会社に勤めることになった事に、疑問を持つかもしれませんが、

テクノロジーは時間に余裕をもたらし、人間の幸せに繋がりがあると思っています。

しかし、いま、世の中に出ている商品は、時間のかかるように作られたデバイスが多く存在します。

IoTデバイスが作られた理由としては、人間よりコンピュータのほうが効率的にできることが多くあり、
その時間を作るために作られたのではないかと思います。

それらを、上手く使いこなすことで、時間に余裕を与えられるということです。

しかし、多くの会社が様々なデバイスを作りすぎて、リモコンやネットワーク、アプリ、デバイスなどが溢れすぎて、
複雑でややこしくなり、最終的にIoTデバイスを使うほうが時間がかかってしまっています。

そう思っていた頃、オンライン英会話教室で植田と知り合い、stakと出会いました。

stakが出来るまでの過程を聞き、stakなら「効率がもたらす幸せ」を実現する事ができると感じ、
stakのメンバーとして働くことを決めました。

Especially considering I’ve always rolled my eyes at IoT devices in general, and been frankly scared the first time someone said “Hey Alexa” to the room at large, it is weird that I’ve ended up working for an IoT company.

I stand by my view that while technology is great insofar as it saves us time (and brings us joy), a lot of technology is designed or used to take more of what time we do have.

Then I got to know Shinichiro and found out that is pretty much why stak came to be. That’s our philosophy. IoT devices were all meant to save us time and increase efficiency – and then everyone made their own devices and remotes and networks and apps and it all became so complicated and convoluted we ended up with less time and less sense than we had before the whole ordeal.

I am here to support this idea by creating something that brings it to life.

最後に

私は、翻訳、ブログ、海外戦略、コミュニケーション、写真、動画、その他のメディアなど様々な仕事をしていきます。
でも、私の役目としては、日本以外の世界にstakを知ってもらい、そしてstakと世界を結びつけたいと思っています。

And that’s exactly what I’ll be doing with stak. In terms of linguistics and strategy, I’m here to connect the rest of the world with stak, and connect stak with the rest of the world.

In more concrete terms, I’ll be doing translating, blogging, marketing, communicating, photos and videos, and various media work.

If you want to view some of my journey through photography and through learning Japanese, you can browse through my instagram below. f you want to read the story of my bicycle trip from Tokyo to Sapporo, meeting people and interviewing them about their lives and lifestyles, you can read it here at the Sounds of Japan link. If you want to view my portfolio, it’s down at the bottom.

【こちらからフォローお願いします】

マイケル Instagramアカウント
https://www.instagram.com/mpaulperr/

Sounds of Japan Instagramアカウント

東京から札幌への道を自転車で渡り、出会った方と話をして、それぞれの生き方や考え方について紹介しています。
https://www.instagram.com/sounds_of_japan/

マイケル ポートフォリオアカウント
https://maikerupero.smugmug.com/

IoTで快適なおうち時間を〈寝室編〉

広報・PR担当の「あやな」です。

前回と前々回は、ブログで「IoTで快適なおうち時間を〈玄関・キッチン編〉」と「IoTで快適なおうち時間を〈リビング編〉」
を紹介していきました。

ブログ「IoTで快適なおうち時間を〈玄関・キッチン編〉」
https://stak.tech/news/6421

ブログ「IoTで快適なおうち時間を〈リビング編〉」
https://stak.tech/news/6429

今回は、寝室で使えるIoT商品を紹介していきます。

寝室

おうち時間が続いて、朝早く起きない日が増え、曜日の感覚がなくなってきていないですか?

それに、目覚めが悪く、どうも頭が回らないまま1日が過ぎていくということが増えた方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、朝、太陽光で目を覚ますと解消できると言われています。

mornin’ plus(モーニンプラス) 


(画像:Amazon)

めざましカーテン mornin’ plusは、起きる時間に自動でカーテンを開き、太陽光による快適な目覚めを促すデバイスです。

朝なかなか起きられない原因は、主に深い睡眠からむりやり起きたために目は開いていても脳が起きていない状態、「睡眠慣性」と言われています。
その解消には、太陽光が有効と考えられています。

スマートフォンで、単純なオープン・クローズ操作に加えて“スケジュール実行機能”も対応しています。
「7時にカーテンをオープン」や「18時にカーテンをクローズ」といったスケジュール予約も可能です。

スケジュール実行機能を使い、朝の起きづらい時間帯に勝手にカーテンが開くようにしたり、日光の強い昼過ぎにはカーテンが閉まるようにしたりといった操作が出来ます。
時間帯の設定だけでなく、曜日指定も可能です。
そして、1度設定すれば、内部時計とメモリで動作するので、最終的にスマホも不要です。


(画像:ロビット)

取り付けは、カーテンレールに差し込むローラーがあり、ボタンを押し込むと”横向き”になり、そのままレールに押し込んで取り付けるだけです。
指をボタンから離すと”縦向き”に戻るのでレールにしっかりはまります。

めざましカーテン mornin’ plusitter
https://mornin.jp/index.html

Aroma Shooter(アロマシューター)

良質な睡眠とるには、好きな香りやリラックス効果のある香りがする空間で寝ると効果的と言われています。

お子さんのいるご家庭だと、なかなかアロマをたいて寝るというのは難しいと思います。

アロマシューターは、コンセントにさすだけ好きな香りを出すことが出来ます。


(画像:アロマジョイン)

アロマシューターは、好きな香りを最大6種類セットすることができ、複数の香りを瞬時に切り替えることができるデバイスです。

セットアップ方法は、専用のアプリをダウンロードするだけ。

香料を固形化し気体として噴射するため香りが短時間で消えてその場に残らず、専用のアプリからタブレットやスマートフォンなどから操作が可能です。
香りの量も、自由に設定ができ、音楽に合わせて好きな香りをランダムに噴射することも可能です。

アロマジョイン
https://aromajoin.com/

 

Anti Snore Solution

スマートフォンでいびきの分析し、いびきの状態と睡眠時無呼吸の疑いを監視します。
いびき音を検出して認識し、いびきの録音と再生をサポートし、ユーザーがいびきの状態を把握し、睡眠の健康への注意を促してくれます。

スマートいびき防止枕(パッド)は、ユーザーがいびき防止アクションを「アクティブ(オン)」「非アクティブ(オフ)」の設定が可能です。
たとえば、「アクティブ」の場合、デバイスはいびきを検出し、いびき防止動作のため、いびきは枕/パッドの空気がはいります。
アプリは、使用パターン全体といびきステータスの改善を記録した日次、週次、月次のレポートを自動的に作成していきます。

 

【こちらからフォローお願いします】

あやな Twitterアカウント
https://twitter.com/ayana_stak

stak(公式) Twitterアカウント
https://twitter.com/stak_official

【チャンネル登録とグットボタンをよろしくお願いします】

YouTube stakチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCaw1ot0i0WgW7EQ96SoTu6g

しんちゃんとあやなチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCibpt1UlLgFHYS-Tg6FVeOQ