stak利用料金についての説明

まずは11月26日から、Makuakeで開始しているクラウドファンディングについてですが、順調にファン獲得ができております。

この場を借りて、ご支援いただいた方々には心より感謝申し上げます。

本当に、本当に、本当にありがとうございます!

共有事項

さて、そんなstakですが、下記のような質問を数人の方からいただいております。

ご支援の足かせになっている可能性も高いと思い、みなさまにもご理解いただきたく共有させていただきます。

質問

なぜstakは一部の利用料金がサブスクリプション型の課金モデル(月額課金)なのか?

買い切りだったら買うのに。。

回答

stakの最大の特徴は、機能が拡張していくという点にあります。

つまり、今後新しいモジュールが増えていくことで、より自分好みの空間が作っていけるというところに魅力を感じていただきたいと思っております。

スピーカー、フレグランス、センサー、虫よけ、バッテリー、カメラなどなど、最低でも10〜15種類のモジュールの登場を考えております。

そうなると、新モジュールの登場ごとにユーザ様に買い切りで購入していただかないといけないのは、かなりの負担になります。

そこで、どこかのタイミングで、全てのモジュールを年間いくら(年会費)という形でご利用いただけるようにする予定です。

2019年2月14日の発売時から、一部ではなく全てサブスクリプションモデルでスタートすることも考えました。

ただ、発売当初はリモコンモジュールと照明モジュールの2つです。

もちろん、この2つのモジュールだけでもスマートホーム化は可能で、十分便利になったことを実感していただけることは間違いありません。

とはいえ、どうしても割高に感じてしまうユーザ様が多いというアンケート結果のもと、stak本体の部分だけサブスクリプション型の課金モデルにしました。

要するに、お得感を感じていただいたユーザ様に、少しずつサブスクリプション型の課金モデルに慣れて欲しいという意図です。

イメージとしては、Amazonプライムを思い浮かべてください。

サービスの開始当初は、翌日配達や送料無料といった、現在のサービスに比べて割高感があったはずです。

ところが、現在は翌日配達や送料無料に加えて、映画やドラマが見れたり、音楽が聞けたりと、3,900円の年会費で顧客満足度は非常に高いサービスの提供ができています。

stakもユーザ様に満足だと感じていただけるを質の高いサービスを目指しており、その形がサブスクリプション型の課金モデルだという答えにたどり着きました。

まずは1年間使っていただき、そのまま継続してご利用していただけるよう、スタッフ一同尽力してまいります。

クラウドファンディングの4大特典

<ご支援していただいた方々への4大特典>
1)stak本体の通常販売価格480円/月を400円/月で提供させていただきます。

2)完全サブスクリプション型の課金モデルに移行するまでに登場する新モジュールの優先購入権と50%OFFで購入できる権利を提供させていただきます。

3)完全サブスクリプション型の課金モデルに移行する際、特別価格にて提供させていただきます。

4)通常は初期不良に限り、1年間の保証をさせていただいておりますが、サービスが継続する限り自動更新にて保証させていただきます。
※1)〜3)の特典につきましても、サービスが継続する限り、自動更新にて保証させていただきます。

Makuake参照

最後に

クラウドファンディングの4大特典で記したとおり、stak本体と照明モジュールであれば、7,000円で最初の1年間お試しいただけます。

2年目以降は、400円/月×12ヶ月ですので、年間4,800円(税別)の利用料になります。

7,000円コース【超早割:200名様限定】stak本体、照明モジュールからご支援をお願い致します。

オススメは、stak本体、リモコンモジュール、照明モジュールの3つセットです。

こちらは、8,500円で最初の1年間お試しいただけます。

2年目以降は、stak本体とリモコンモジュールと同様に400円/月×12ヶ月ですので、年間4,800円(税別)の利用料になります。

8,500円コース【超早割:200名様限定】stak本体、リモコンモジュール、照明モジュールからご支援をお願い致します。

それでは、1人でも多くのstakファンを増やすために、今後もいろいろと活動してまいりますので、ご注目ください。

引き続きの応援、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です