幸せになれるGitコマンド

2022-11-14 投稿: Momoka Kamijo

こんにちは!stak, Inc.のももです。

タイトルにもある通り、幸せになれるGitコマンドをまとめたいと思います。

stashに名前をつける

git stash save “名前”

stashとは変更を一時的に退避させる機能で、ブランチ移動する際によく使います。

ただstashするだけだと、stash一覧を見てもどの変更なのか分かりづらくてプチストレスでした。

Article content

e2b9ec88 formatってなんぞや。。。

画像のように一つだけならまだ良いですが、stashしすぎるとえげつないことになってしまいます。

そこで、stashに名前を付けられるコマンドがあったらな〜と思い調べたところ、先述のコマンドを知った次第です。

Article content

ひと目でstashの内容が分かって幸せです🥰

stashした内容を適応&削除

git stash pop stash@{0}

stash関係でもう一つ、stashの適応と削除を同時に行えるコマンドです。

ちなみに適応・削除それぞれのコマンドは以下になります。

// 適応
git stash apply stash@{0}
// 削除
git stash drop stash@{0}

popを使うことで無駄なstashが溜まらず、stash一覧がスッキリして幸せです🥰

変更した内容をRollback

git reset –hard

このコマンドを知るまでは、エディター上の操作でRollbackしていました。

それでも特に不便さは感じていなかったのですが、Rollbackが完了するまで何回もポチポチしないといけないのはなんだかなぁ…と思っていました。

このコマンドを使えば一発で幸せになれますね。

Gitコマンドにエイリアスを設定

.gitconfigを編集することで、コマンドにエイリアスを設定することができます。

早速stashのエイリアスを作ってみましょう!

まずは.gitconfigを開きます。

open ~/.gitconfig

するとテキストエディタが立ち上がり、こんな内容が書かれているかと思います。

[user]
   name = name
   email = ***@gmail.com

最終行に[alias]を追加し、エイリアスを設定します。

[alias] s = stash

そうすると、 stashのコマンドはこのようになります。

git s

stash以外にも、お好きにカスタマイズしてみてください!

‘git’コマンドにもエイリアスを設定

「Gitのコマンド」ではなく、「gitコマンド」にもエイリアスを設定します。

この場合は.zshrcを開きます。

open ~/.zshrc

そして下記を追記し、シェルを再起動します。

alias g=git
exec $SHELL -l

そしてgitコマンドはこのように使えるようになりました。幸!

g add *
以上、私が幸せになったGitコマンドの紹介でした。
みなさんが幸せになったコマンドもぜひ教えて下さい🥰
stakの最新情報を受け取ろう

stakはブログやSNSを通じて、製品やイベント情報など随時配信しています。
メールアドレスだけで簡単に登録できます。